スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

わかめ 骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防と改善にとって、骨を形成するそもそもの材料となるカルシウムの摂取は、絶対的に重要なポイントである。
殊更に、牛乳やチーズ、ヨーグルトと云った乳製品は、カルシウムが豊富に含有されると云うだけでなく、途方もなく吸収が良い事からも効率的にカルシウムを摂取出きる、最優秀の骨粗しょう症対策食品である。

骨粗しょう症のケースの場合、骨の組成は正常で問題はないのであるが、骨量が消耗する事で骨がもろくなる。

骨粗しょう症は、脊椎骨(せきついこつ)、いわゆる「背骨」に早く現れる。
進展すると、圧迫骨折(あっぱくこっせつ)(*参照)を起こしやすくなる。
足の付け根や手首、腕の付け根の骨折がおおくみられる。
足の付け根の骨折は、高齢者の就寝したきりを招く事がおおく、注意が必要である。
お年寄りにとって就寝したきりは痴呆を招く事にも成りかねない。

カルシウムは、99パーセントは、リン酸カルシウム、炭酸カルシウムとして歯や骨の成分として実在する。
残りは血液、筋肉、神経等の組織にイオンや多種多様な塩として含有されている。
血液の凝固機能や心筋(心臓の筋肉)の萎縮機能、刺激に対する神経の感受性を鎮静化する機能、更に酵素機能を活発化する働きも有る。
こういった具合に、カルシウムは、骨や歯の形成と云った、骨粗しょう症対策の重要な要であるだけでなく、多種多様な体の機能に関与している重要なミネラルである。
欠乏すると、成長が充分にできなくなる。
骨や歯が弱くなる。

殊更に、乳製品や緑黄色野菜、煮干や干しえび、及び大豆、大豆製品におおく含有される。

成長期には多少なりともピークを高くする為にカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、そのうちはせっかく高めたピーク時の骨量を減少させないように、また出きる事なら更に高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組むべきだ。



スポンサーサイト
13 : 20 : 39 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (104)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。