FC2ブログ

わかめ 骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防と改善にとって、骨を形成するそもそもの材料となるカルシウムの摂取は、絶対的に重要なポイントである。
殊更に、牛乳やチーズ、ヨーグルトと云った乳製品は、カルシウムが豊富に含有されると云うだけでなく、途方もなく吸収が良い事からも効率的にカルシウムを摂取出きる、最優秀の骨粗しょう症対策食品である。

骨粗しょう症のケースの場合、骨の組成は正常で問題はないのであるが、骨量が消耗する事で骨がもろくなる。

骨粗しょう症は、脊椎骨(せきついこつ)、いわゆる「背骨」に早く現れる。
進展すると、圧迫骨折(あっぱくこっせつ)(*参照)を起こしやすくなる。
足の付け根や手首、腕の付け根の骨折がおおくみられる。
足の付け根の骨折は、高齢者の就寝したきりを招く事がおおく、注意が必要である。
お年寄りにとって就寝したきりは痴呆を招く事にも成りかねない。

カルシウムは、99パーセントは、リン酸カルシウム、炭酸カルシウムとして歯や骨の成分として実在する。
残りは血液、筋肉、神経等の組織にイオンや多種多様な塩として含有されている。
血液の凝固機能や心筋(心臓の筋肉)の萎縮機能、刺激に対する神経の感受性を鎮静化する機能、更に酵素機能を活発化する働きも有る。
こういった具合に、カルシウムは、骨や歯の形成と云った、骨粗しょう症対策の重要な要であるだけでなく、多種多様な体の機能に関与している重要なミネラルである。
欠乏すると、成長が充分にできなくなる。
骨や歯が弱くなる。

殊更に、乳製品や緑黄色野菜、煮干や干しえび、及び大豆、大豆製品におおく含有される。

成長期には多少なりともピークを高くする為にカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、そのうちはせっかく高めたピーク時の骨量を減少させないように、また出きる事なら更に高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組むべきだ。



スポンサーサイト



13 : 20 : 39 | 日記 | page top↑

ランマーク 骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、食生活の見直しとおなじ様に、運動も重要なポイントである。
食物から取ったカルシウムを、骨に蓄え、骨量を増大させるには、体をシフトさせる事が肝心であるためす。

同じ量のカルシウムを取っていても、運動をしている人としていない人では、骨密度が異なる。
また、運動は継続する事で更にその効果が高まると云われる。

カルシウム以外には、どんな栄養素が必要だろうか? 以下に、食生活と云う面での、骨粗しょう症対策の注意点をあげてみるべきだ:

1.カルシウムを充分に摂取すべきだ・・・・・・なんと云っても、骨を作成する材料となるカルシウムの摂取は途方もなく重要である。カルシウムをおおく包括する食品は、乳製品、魚介類、緑黄色野菜、海藻、大豆製品である。

第1に、女性は、本来骨が細く、骨量が多くはない事が原因している。
また若い頃からダイエットをしたり、運動量が多くはないと云う事もカルシウム不足やカルシウムの骨への累積を少なくする原因と為ってる。
カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと云われる。
しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子供にあたえてしまうと云う事、そして閉経をむかえて更年期に成ると、女性ホルモンの分泌がとまってしまう事があげられる。

座り方
仕事でずっと座りっぱなしの人は、ただしい座り方をしていないと肩こりや腰痛をいよいよ悪化させる事に成る。
前かがみの姿勢やポーズは背骨を無理に湾曲させる事から、腰や背中に負担がかかる。

いすに深く腰掛ける。
背骨はピンと伸ばすべきだろう。
座骨を垂直にして座るつもりで胸を張った姿勢やポーズをする。
これがただしい座り方である。

ただしい姿勢やポーズは、初めのうちこそ、緊張した感覚がして疲労を実感するが、慣れてくると体への負担が軽い事が実感出きる。
前かがみで猫背では観た目にも美しくないのだ。



13 : 33 : 18 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 原因疾患

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

カルシウムをおおく包括する食品:牛乳やこれ以外の乳製品(牛乳、プロセスチーズ)、小魚や海藻(干しあみ、干しえび(殻つき))、青菜類(小松菜、青梗菜)、大豆、大豆製品(凍り豆腐、木綿豆腐)。

大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。

豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐が有る。
料理やおのおののお好みに合わせて使い分けると良いだろう。
大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。
大豆は勿論、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・・・・多種多様な形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにすべきだろう。

牛乳はこういった具合に栄養の釣り合いが途方もなく優れた完璧食品であるためすが、唯一の短所を上げるとしたら、ビタミンCの含有量が多くはないと云う事である。
そこでお勧めは、ビタミンの宝庫である野菜や果物と一緒に取る事である。
黄色野菜には、牛乳と比較すると吸収率は劣るものの、豊富なカルシウムが含有されている。
毎日の朝食メニューに、青菜のジュースに牛乳を加え、お好みではちみつをプラスした栄養ドリンクはどうだろう?



13 : 40 : 38 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 わかりやすく

骨粗しょう症の予防と改善のための食生活でまず重要とされるのは、骨や歯を形成するためのそもそもの材料であるカルシウムを充分に摂取し、取ったカルシウムを骨に累積、沈着させる為に必要なビタミンDを充分に取り入れる事である。

とはいえ、中高年に成ると、殊更に骨粗しょう症の症状がとっくにでている人は、骨が衰退しているから、無理な運動はかえって危険となる事も有る。
健康にいいから、とはじめた運動も、やり方を間ちがえたり、やりすぎては大事故につながる。

自身の体と対話し、ドクターにも対話し・・・・・・自身に合った運動プログラムを立てて、無理のない運動を生活に取り入れていこう。

第1に、女性は、本来骨が細く、骨量が多くはない事が原因している。
また若い頃からダイエットをしたり、運動量が多くはないと云う事もカルシウム不足やカルシウムの骨への累積を少なくする原因と為ってる。
カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと云われる。
しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子供にあたえてしまうと云う事、そして閉経をむかえて更年期に成ると、女性ホルモンの分泌がとまってしまう事があげられる。

例を挙げると、お豆腐とほうれん草のグラタンはどうだろう? 豆腐にチーズが入る事で、カルシウムは一段をアップする。
またほうれん草にもカルシウムは豊富である。
まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」である。
但しほうれん草に含有されるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きが有る為、下ゆでしてから活用するようにする。



13 : 23 : 26 | 日記 | page top↑

牛乳 カルシウム 骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善と、適度な運動、及び日光浴が重要なカギとなる。
運動は、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為に途方もなく重要である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含有されている。
これはコップ1杯の牛乳に含有されるカルシウムに匹敵する量である。
乳製品のカルシウムは他の食品中のカルシウムと比較して吸収が優秀に良い為、骨粗しょう症には欠かせない食品であるが、必要なカルシウムを全部乳製品からとるのはたいへのである。
多種多様な食品からとっていく事で他の栄養素の釣り合いもとれる。

乳製品と青菜を組み合わせたお勧めメニュー
ほうれん草のミルク煮
〈材料 4人分〉
・牛乳・・・・・・カップ1
・みそ・・・・・・大さじ1と1/2
・ほうれんそう・・・・・・一把
・ロースハム・・・・・・4枚
・ブイヨン・・・・・・1と1/2カップ(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

骨粗しょう症の診察は、殊更に以下の方法が有る:
・X線・・・・・・骨の陰影の濃度や骨梁の形状から判定する方法である。

・CTを用いる方法。

・アイソトープやX線の吸収度で測定する方法。

・超音波を用いる方法。

なかでも殊更に骨量の正確な把握に有力なのが、「DXA法」と「QCT法」である。

・「DXA法」・・・・・・X線の吸収度から測定する方法。

・「QCT法」・・・・・・CTを用いる方法。



13 : 26 : 48 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 早期発見

骨粗しょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善と、適度な運動、及び日光浴が重要なカギとなる。
運動は、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為に途方もなく重要である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

1.食事
なにより骨をつくる材料がなくては話にならない! カルシウムを充分にとる事を心掛けるべきだろう。
カルシウムは、牛乳・乳製品、海藻、大豆・大豆製品、緑黄色野菜、と云ったものに豊富に含有されている。
殊更に、乳製品のカルシウムは、他の食品よりもずば抜けて吸収が良いのでできる限り積極的にとりたいものである。
牛乳やヨーグルトならば、1日200?300ccが水準である。
とっくに骨粗しょう症の人等はもっとたくさん(400cc)取った方が良いものである。

骨粗しょう症の患者(クランケ)が骨折を起こしやすい部位は、長管骨(ちょうかんこつ)の大たい骨頸部(足の付け根)や、とう骨遠位端(とうこつえんいたん)(手首)、上腕骨外科頸(じょうわんこつげかけい)(腕の付け根)等である。
なかでも大たい骨頸部の骨折は、長期の療養が必要となる事から、そのまま就寝したきりになる事が多々有る。
またこれが痴呆の症状を誘引したり、痴呆の進展を促進する事にもなる為、高齢者にとって途方もなく恐いものである。

そして、かかとから着地するようにする。
足の甲とすねの角度が直角に成ると理想的である。
そしてつま先でけりだすようにすべきだろう。
健康造りのウォーキングは、何時もよりちょっと大またで! 初めは急がずゆっくりと・・・・・・少しずつピッチをあげて、楽しく、リズミカルに歩こう!



13 : 38 : 30 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 点滴

ゴマは、昔から健康食品として認識されている。
不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールの値を下げる事が把握できている。
また、ごまに独自の抗酸化物質で、ゴマリグナンの1つである、セサミノールは、効力をアップするとも云われる。
このセサミノールは、細胞の老化や、がん化の原因となるともされる過酸化脂質の生成を制御する事から、若さを保ち、美容と健康に適切な物質である。

体のゆがみの点検方法
まず初めは、鏡の前に自然な状態で立ち、自身の姿を映してみるべきだ。
両肩は平行であろうか? 鏡のなかの自身の姿がまっすぐで対称ならば安心である。
しかし左右の肩の高さがずれていたり、首が傾いているケースの場合、脊椎が湾曲している可能性大である。 次に横を向いてみるべきだ。
腰椎のそらしすぎや腰の曲がりを点検する。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

女性ホルモン エストロゲン
閉経をむかえると、エストロゲンと云う女性ホルモンの分泌が激減する。
この女性ホルモンは途方もなく強力なホルモンで、骨をつくる細胞のはたらきを活発にし、腎臓での活性型ビタミンDの合成を促進する機能も有る。
高齢に成ると、ただでさえ、腎臓の働きが衰え、活性型ビタミンDの合成能力が衰える。
女性のケースの場合、ホルモンの関係でこれに更に拍車がかかって、いよいよ活性型ビタミンDが合成されなくなり、カルシウムの吸収が難しくなるのである。



13 : 31 : 45 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 影響

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

骨粗しょう症のケースの場合、X線検査を実践すると以下のような所見が有る:
1.骨の陰影濃度・・・・・・骨粗しょう症では、陰影が薄くなる。

2.「骨梁(こつりょう)」・・・・・・骨の網目構造の事を「骨梁(こつりょう)」と云う。
骨粗しょう症のケースの場合、椎体の骨梁が細く、小さく、粗くなる。

リン
80パーセントは、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとして骨や歯の形成に預かる。
残りの20パーセントは、体液や組織中に含まれ、血液のphや体液の浸透圧のアレンジをする。
不足すると歯や骨が弱くなり、骨粗しょう症を招き、骨折を起こしやすくなる。
但しリンは日常生活に充分に含有されており、欠乏や不足すると云う事は殆どないのだ。
殊更に、加工食品や卵黄、煮干等におおく含有されている。

骨粗しょう症の種類
骨粗しょう症には、「閉経後骨粗しょう症」と「老人性骨粗しょう症」が有る。

「閉経後骨粗しょう症」・・・・・・骨粗しょう症のなかで最もおおくみられるタイプである。
閉経後5年から10年で現れる。

「老人性骨粗しょう症」・・・・・・高齢者にみられる骨粗しょう症のタイプである。
殊更に痩せ型の50歳以上の女性におおくみられる。




13 : 42 : 36 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 とは

骨粗しょう症にかんしては、食生活の見直しや運動、日光浴と云った日常の生活を改善する事で、予防及び症状の更なる悪化を防ぐ事が重要な対策となる。

しかしながら、もっとできる限り積極的な治療法はないものだろうか?

また、牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロする・・・・・・と云う人にとっては、ヨーグルトならば、乳酸菌に拠って乳糖の一部が分解されて、消化されやすいかたちに為ってる為、落ち着いて召し上がる事が出きる。

*牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロしたり、下痢をする人は、牛乳のラクターゼと云う乳糖を消化するのに必要な酵素が体質的に欠損しているからである(乳糖不耐性)。

乳製品と青菜を組み合わせたお勧めメニュー
ほうれん草のミルク煮
〈材料 4人分〉
・牛乳・・・・・・カップ1
・みそ・・・・・・大さじ1と1/2
・ほうれんそう・・・・・・一把
・ロースハム・・・・・・4枚
・ブイヨン・・・・・・1と1/2カップ(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

成長期には多少なりともピークを高くする為にカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、そのうちはせっかく高めたピーク時の骨量を減少させないように、また出きる事なら更に高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組むべきだ。



03 : 11 : 05 | 日記 | page top↑

ゾメタ 骨粗しょう症

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

カルシウムをおおく包括する食品:牛乳やこれ以外の乳製品(牛乳、プロセスチーズ)、小魚や海藻(干しあみ、干しえび(殻つき))、青菜類(小松菜、青梗菜)、大豆、大豆製品(凍り豆腐、木綿豆腐)。

大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。

豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐が有る。
料理やおのおののお好みに合わせて使い分けると良いだろう。
大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。
大豆は勿論、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・・・・多種多様な形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにすべきだろう。

運動を継続するには、それを生活の一部に習慣化してしまう事である。
朝、食事の前にご近隣を1回りしながら散歩をする! 駅までは車を使わずに歩く! 就寝する前にはストレッチ! ・・・・・・ちょっとだけの「運動」を積み重ねていくといいものである。



13 : 21 : 20 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 サイアザイド

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

まず初めは、最も気楽な運動・・・・・・体をシフトさせる・・・・・・として、ウォーキングからはじめてみてはどうだろう。
歩く事には、若さを保ち、ストレスという心理的負荷を改善させる効果が有る。
肥満の予防にもなる。
また同じ姿勢やポーズでデスクワークをしている人にとって最大最高の悩み?で在り、骨粗しょう症の最も顕著な症状の1つでもある、腰痛の予防に絶大な効果が待望出きる!

カルシウムをおおく包括する食品
・牛乳や乳製品・・・・・・牛乳、プロセスチーズ
・小魚や海藻・・・・・・干しあみ、干しえび(殻つき)
・青菜類・・・・・・小松菜、青梗菜
・大豆、大豆製品・・・・・・凍り豆腐、木綿豆腐

*なかでも牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率が高く、優良なカルシウム供給源である。

2.良質の蛋白(たんぱく)質をあるレベルたびたび取る。

1日60?80グラムを水準に取る。
蛋白(たんぱく)質は、あまり多すぎてもカルシウムの吸収を悪くしてしまう。

3.ビタミンDを充分に取る。

ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を促進する働きが有る。

4.リンとの比率を考慮する。

5.食物繊維はほどほどにする。

6.アルコールはほどほどに・・・・・・!



13 : 37 : 39 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 薬 併用

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が消耗し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなる症状である。
高齢者や、殊更に閉経後の女性におおくみられる病気である。
原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考慮される。

体のゆがみの点検方法
まず初めは、鏡の前に自然な状態で立ち、自身の姿を映してみるべきだ。
両肩は平行であろうか? 鏡のなかの自身の姿がまっすぐで対称ならば安心である。
しかし左右の肩の高さがずれていたり、首が傾いているケースの場合、脊椎が湾曲している可能性大である。 次に横を向いてみるべきだ。
腰椎のそらしすぎや腰の曲がりを点検する。

例を挙げると、こんなひじきメニューはどうだろう?
ひじき料理の定番と云えば、煮物だろうか。
骨粗しょう症対策メニューとして更にグレードアップさせるには、干しえびと干ししいたけをプラスする。
干しえびには勿論、カルシウムが優秀にたくさん含有されている。

ほうれん草や青梗菜等の青菜には、カルシウムが豊富に含有されている。
また、酢にはカルシウムの吸収を助ける機能が有る・・・・・・そこで! 青菜のおひたしに三杯酢をかけ、香ばしく炒ったゴマをたっぷりかけてはどうだろう? ちょっとだけの副菜であるが、カルシウムたっぷり、しかも消化吸収もよく、骨粗しょう症対策メニューとして優秀である。



13 : 30 : 30 | 日記 | page top↑

デノスマブ 骨粗しょう症

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が消耗し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなる症状である。
高齢者や、殊更に閉経後の女性におおくみられる病気である。
原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考慮される。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

他方、過剰症も有る。
例を挙げると、カルシウムを過剰に取ると、結石の原因になったり、他の無機質の吸収を阻害する事が有る。
またミルクアルカリ症候群の原因にもなる。



07 : 08 : 42 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 芸能人

骨粗しょう症の予防と対策に於いては、運動が重要なかぎとなる。
カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善は勿論であるが、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為には運動が不可欠である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

但しリンは不足する事はまず多くはない、かえって取りすぎると、カルシウムの吸収を悪くする。
近年、インスタント食品をとりすぎる風潮が、殊更に若い人達にみられるようになり、とりすぎのほうが懸念されている。

人間の皮膚は、日光や紫外線に当たるとビタミンDをつくる機能があるのであるが、曇りがちであったり、冬に雪の少なくない地方では、日光に当たる事が多くはない為、ビタミンDが不足するのである。
ビタミンDは、脂肪に溶ける為、ビタミンAと一緒に魚の肝臓、肝油、バター、卵黄等におおく含有される。
またきのこ類や酵母には、ビタミンDの前身のエルゴステリンが含有されており、紫外線にあてるとビタミンDに変わる。

成長期には多少なりともピークを高くする為にカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、そのうちはせっかく高めたピーク時の骨量を減少させないように、また出きる事なら更に高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組むべきだ。



08 : 18 : 40 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 薬 半年

骨粗しょう症を予防、改善する為には、毎日の食事のなかでカルシウムをおおく取る必要が有る。
カルシウムをおおく包括する食品の中でも殊更に、吸収率がよく、取りやすい牛乳や乳製品を中心にして考慮すると取りやすいものである。
牛乳も、呑み込むだけでなく、多種多様な料理に使い、ワンパターンにならないよう、多種多様な食品を組み合わせて無理なくカルシウムを取るように試行錯誤すべきだろう。

豆腐の主成分は植物性蛋白(たんぱく)質である。
植物性の蛋白(たんぱく)質は、肉や魚と云った動物性蛋白(たんぱく)質と比較して消化吸収が悪いのであるが、豆腐のケースの場合は、消化吸収が途方もなくよく、95パーセントと云う高さで無駄なく吸収される。
また、豆腐の喜ばしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!と云う事だろう。
豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・・・・なんでもよく合うし、大豆の蛋白(たんぱく)質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良い蛋白(たんぱく)質を取る事が出きる。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

そして、かかとから着地するようにする。
足の甲とすねの角度が直角に成ると理想的である。
そしてつま先でけりだすようにすべきだろう。
健康造りのウォーキングは、何時もよりちょっと大またで! 初めは急がずゆっくりと・・・・・・少しずつピッチをあげて、楽しく、リズミカルに歩こう!



06 : 45 : 37 | 日記 | page top↑

続発性 骨粗しょう症

チーズは、牛乳の優れた栄養素が濃縮された発酵食品である。
乳酸菌や酵素に拠って牛乳の蛋白(たんぱく)質やカルシウムが消化のよい形に為ってる。

チーズに含有される乳酸菌は、腸内で有害な物質をつくり出す悪玉菌を減らし、腸の働きをただしくキープする働きが有る。
またチーズでは、牛乳のラクターゼが乳酸菌に拠って一部分解されている事から、牛乳が不得意な方や、牛乳を呑み込むとどうもお腹がゴロゴロして・・・・・・と云う方でも、落ち着いて召し上がっていただける。

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含有されている。
これはコップ1杯の牛乳に含有されるカルシウムに匹敵する量である。
乳製品のカルシウムは他の食品中のカルシウムと比較して吸収が優秀に良い為、骨粗しょう症には欠かせない食品であるが、必要なカルシウムを全部乳製品からとるのはたいへのである。
多種多様な食品からとっていく事で他の栄養素の釣り合いもとれる。

骨粗しょう症の患者(クランケ)が骨折を起こしやすい部位は、長管骨(ちょうかんこつ)の大たい骨頸部(足の付け根)や、とう骨遠位端(とうこつえんいたん)(手首)、上腕骨外科頸(じょうわんこつげかけい)(腕の付け根)等である。
なかでも大たい骨頸部の骨折は、長期の療養が必要となる事から、そのまま就寝したきりになる事が多々有る。
またこれが痴呆の症状を誘引したり、痴呆の進展を促進する事にもなる為、高齢者にとって途方もなく恐いものである。

例を挙げると、お豆腐とほうれん草のグラタンはどうだろう? 豆腐にチーズが入る事で、カルシウムは一段をアップする。
またほうれん草にもカルシウムは豊富である。
まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」である。
但しほうれん草に含有されるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きが有る為、下ゆでしてから活用するようにする。



17 : 50 : 05 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 禁忌

ヨーグルトは、カルシウムを豊富に包括するのみでなく、発酵のプロセスでカルシウムが蛋白(たんぱく)質や乳酸と結びついて消化がよい形に為ってる為、体内で効率よくカルシウムを活用する事が出きる。

骨粗しょう症対策に酢を食生活に上手く活用する方法をご案内すべきだろう。

例を挙げると、アジや秋刀魚、イワシと云った青い背の魚は、健康に良いと把握できていても、あの独自の魚の臭みが不得意と云う方がおおく居る。
そのよう方は、魚を煮込む際に酢を少しプラスしてみて欲しい。
魚の生臭みが消失するのみでなく、骨もやわらかくなり、口にしやすくなる。
また、揚げ物に酢をかけると油っぽさが消え、食欲がない時にお勧めである。

また、殊更に女性のケースの場合、閉経期以降に骨量が消耗する。
ここで日頃の生活をいかに過ごすかでも、「骨粗しょう症危険度」が格段にちがってくのである。

食事でカルシウムを取る事は勿論肝心であるが、家に閉じこもってばっかりいて、体をシフトさせないと、せっかく取ったカルシウムを骨に蓄える事が出きない。
また、アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収を悪くするのみでなく、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDの機能を制御してしまう。

正確には、幼少期から青年期にかけての本来ならば、どんどん骨量を増やさなければならなかったはずの年代にファーストフードや加工食品を食べ、カルシウムを充分に取ってこなかった事が大幅に影響していると云えるだろう。
そして過度なダイエットがこれに拍車をかける。
無理なダイエットで生理が留まってしまうと、本来ならば、閉経後にやってくるはずのホルモンの変化が早々とおそってくのである。
そして骨量がどんどん消耗してきてしまうのである。



07 : 08 : 46 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 注射 副作用

骨粗しょう症の予防と改善にとって、骨を形成するそもそもの材料となるカルシウムの摂取は、絶対的に重要なポイントである。
殊更に、牛乳やチーズ、ヨーグルトと云った乳製品は、カルシウムが豊富に含有されると云うだけでなく、途方もなく吸収が良い事からも効率的にカルシウムを摂取出きる、最優秀の骨粗しょう症対策食品である。

また、「乳糖不耐症」と云って、誕生しながらに乳頭を消化する酵素が備わってない人がいる。
このような方は、チーズと云う形で乳製品をとるようにしてみてはどうだろう? 牛乳の栄養が凝縮されているから、食欲がないときでも、カルシウムをはじめとして、効率よく栄養を取る事が出きる。

また、カルシウムには、神経のいらだちを制御して精神を落ち着かせる働きがある事はよく認識されているが、牛乳の蛋白(たんぱく)質が分解されて出きるβ―カゾモルフィンと云うアミノ酸の集合体にも、鎮静機能や精神安定機能が有る・・・・・・赤ちゃんはミルクを呑み込むとすやすやと眠るよね、それもこの機能によるものである。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

但しX線上で診察されるレベルと、腰痛や背中の曲がり(円背(えんばい)と呼称される状態で背中が丸くなる)具合は絶対に合致しない事が多々有る。



07 : 26 : 29 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 砂糖

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

骨粗しょう症のケースの場合、X線検査を実践すると以下のような所見が有る:
1.骨の陰影濃度・・・・・・骨粗しょう症では、陰影が薄くなる。

2.「骨梁(こつりょう)」・・・・・・骨の網目構造の事を「骨梁(こつりょう)」と云う。
骨粗しょう症のケースの場合、椎体の骨梁が細く、小さく、粗くなる。

朝、コップ1杯の牛乳を呑み込む、お昼やおやつにヨーグルトを口にする、と云うようにすればさほど無理なく摂取出きる量である。
脂肪が気に成る人は、低脂肪牛乳やスキムミルクを活用してはどうだろう?牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロすると云う人は、ヨーグルトやチーズがお勧めである。

干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは疑う余地もなく少なくないのであるが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べつづける事はなかなかどうしてむずかしいものである。
干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラムレベルだからである。
牛乳のケースの場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けるが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲みつづける事は決して無理な話じゃないのだ。
朝、コップ1杯呑み込めば、もう200グラムである。
牛乳をそのまま呑み込むのは不得意な人は、シチューやポタージュスープに入れても良いだろう。
無理のない形で持続する事が肝心である。



08 : 03 : 07 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 rankl

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

急性の腰痛や背部痛に対しては、3週間ほどの安静と消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)や筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与に拠ってあるレベルの低減をはかる。
但しあるレベル痛みが静まったら、できる限り早くベッドを離れ、運動をはじめるほうが良いだろう。
長く床を離れないでいると、筋肉が弱り、就寝したきりになってしまう。

朝、コップ1杯の牛乳を呑み込む、お昼やおやつにヨーグルトを口にする、と云うようにすればさほど無理なく摂取出きる量である。
脂肪が気に成る人は、低脂肪牛乳やスキムミルクを活用してはどうだろう?牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロすると云う人は、ヨーグルトやチーズがお勧めである。

また腹部の内臓が横隔膜を押し上げて肺を押し縮める為、自然に呼吸は腹式呼吸に成る。
胸式よりも深く呼吸をする事が出きるのである。



07 : 48 : 07 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 内服

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

これ以外方で、日常の生活を見直し、姿勢やポーズを正すよう指導が実行される。
まず初めは、立ち方と座り方にかんして見直し、姿勢やポーズを正し、体のひがみを直すため試行錯誤をすべきだろう。

立ち方
ただしい姿勢やポーズの為には、まず初めは立ち方を改善する事が肝心である。

両足のかかとをあわせ、お腹に力を入れる。
次に大幅に息を吸って背筋を伸ばすべきだろう。
お尻はきゅっと引きしめる。
重心がちょうど体の中心にくるようにする。
左右のどちらにも傾かないようにする。
どうだろう、出きたか?これがただしい立ちの姿勢やポーズである。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



07 : 52 : 49 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 tスコア

骨粗しょう症の予防と対策に於いては、運動が重要なかぎとなる。
カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善は勿論であるが、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為には運動が不可欠である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

また、「乳糖不耐症」と云って、誕生しながらに乳頭を消化する酵素が備わってない人がいる。
このような方は、チーズと云う形で乳製品をとるようにしてみてはどうだろう? 牛乳の栄養が凝縮されているから、食欲がないときでも、カルシウムをはじめとして、効率よく栄養を取る事が出きる。

2.ビタミンDでカルシウムの吸収を助けよう・・・・・・カルシウムの吸収を助ける。
通常、戸外にでる生活をしていれば、日光に当たる事で皮膚で作成する事が出きる。

3.蛋白(たんぱく)質の摂取は適量にすべきだ・・・・・・蛋白(たんぱく)質のとりすぎは、カルシウムの活用を悪くする。

4.塩分の取りすぎに注意する・・・・・・塩分の取りすぎはカルシウムの活用を悪くする。

例を挙げると、季節のフレッシュ野菜やフルーツと合わせてヨーグルトサラダにすれば、ヨーグルトに不足しているビタミンCをフォローする事ができ、骨粗しょう症と美容にベストなメニューに成る。
また、夏にはプレーンヨーグルトに砂糖とレモン汁をプラスして冷凍するとさっぱりとしたシャーベットに成る。
お好みではちみつやジャムを沿えて、お子様のおやつにどうだろうか。



06 : 48 : 06 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 歯科

骨粗しょう症には、高齢者にみられる「老人性骨粗しょう症」と、閉経後5年から10年で現れるように成る「老人性骨粗しょう症」が有る。

骨粗しょう症は50歳以上の女性に殊更におおく見られ、一般的に、60歳以上の女性で腰が曲がっていたり、慢性的な腰痛があるケースの場合、ほぼ骨粗しょう症であると云えるようである(正確な診察は、X線所見により確定する)。

骨粗しょう症対策に酢を食生活に上手く活用する方法をご案内すべきだろう。

例を挙げると、アジや秋刀魚、イワシと云った青い背の魚は、健康に良いと把握できていても、あの独自の魚の臭みが不得意と云う方がおおく居る。
そのよう方は、魚を煮込む際に酢を少しプラスしてみて欲しい。
魚の生臭みが消失するのみでなく、骨もやわらかくなり、口にしやすくなる。
また、揚げ物に酢をかけると油っぽさが消え、食欲がない時にお勧めである。

第1に、女性は、本来骨が細く、骨量が多くはない事が原因している。
また若い頃からダイエットをしたり、運動量が多くはないと云う事もカルシウム不足やカルシウムの骨への累積を少なくする原因と為ってる。
カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと云われる。
しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子供にあたえてしまうと云う事、そして閉経をむかえて更年期に成ると、女性ホルモンの分泌がとまってしまう事があげられる。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



08 : 01 : 36 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 数値

どうして年齢を重ねると骨粗しょう症になりやすいのだろうか?

人間の骨組織は年齢を重ねるにつれて老化していくるのだ。
更に、高齢に成るとカルシウムの代謝や内分泌が変化し、骨の量が消耗していくるのだ。
骨密度が低くなり、軽石のようにスカスカの状態になるのである。

実はそれだけでなく、高齢に成ると、体内の多種多様な臓器の働きも落ちてくのである。

豆腐の主成分は植物性蛋白(たんぱく)質である。
植物性の蛋白(たんぱく)質は、肉や魚と云った動物性蛋白(たんぱく)質と比較して消化吸収が悪いのであるが、豆腐のケースの場合は、消化吸収が途方もなくよく、95パーセントと云う高さで無駄なく吸収される。
また、豆腐の喜ばしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!と云う事だろう。
豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・・・・なんでもよく合うし、大豆の蛋白(たんぱく)質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良い蛋白(たんぱく)質を取る事が出きる。

また、殊更に女性のケースの場合、閉経期以降に骨量が消耗する。
ここで日頃の生活をいかに過ごすかでも、「骨粗しょう症危険度」が格段にちがってくのである。

食事でカルシウムを取る事は勿論肝心であるが、家に閉じこもってばっかりいて、体をシフトさせないと、せっかく取ったカルシウムを骨に蓄える事が出きない。
また、アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収を悪くするのみでなく、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDの機能を制御してしまう。

5.アルコールの摂取はほどほどにすべきだ・・・・・・アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収の妨げに成る。

6.加工食品の摂取に注意すべきだ・・・・・・加工食品(ハムやソーセージ、インスタント食品、スナック菓子)にはリンがおおく含有されている。
リンの取りすぎはカルシウムの吸収を妨げる。

7.カルシウム強化食品を上手く活用すべきだ・・・・・・「カルシウム入り」と表示された補助食品を活用するのも一考である。



08 : 36 : 23 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 大阪

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

まず初めは、最も気楽な運動・・・・・・体をシフトさせる・・・・・・として、ウォーキングからはじめてみてはどうだろう。
歩く事には、若さを保ち、ストレスという心理的負荷を改善させる効果が有る。
肥満の予防にもなる。
また同じ姿勢やポーズでデスクワークをしている人にとって最大最高の悩み?で在り、骨粗しょう症の最も顕著な症状の1つでもある、腰痛の予防に絶大な効果が待望出きる!

健康造りの為には、別に無理して泳ぐ必要はないのだ。
温水プールで体をシフトさせるだけでも充分であるためす。

水中では浮力が活動する。
肩まで水中に沈んだ姿勢やポーズでたつと、水中での体重は陸上での10分の1にまでなると云う。
筋肉や関節に余計な負担をかける事なく、むしろ水中のほうが楽に体をシフトさせる事が出きるだろう。
また、水中では、体温が奪われるから、体温を一定に保とうとして生理機能が自然に働き、エネルギーを燃焼させる。
その為ちょっとだけの動きで効率よく運動効果が得られるのである。
また、水圧が全身にかかるから、全身の血行が良くなる。

そして干ししいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやエルゴステリンが豊富に含有されている。
そして何よりもこれらから美味しいダシがでる為、素材そのものとしては味に乏しいひじきを美味しく口にするためのつよい味方であるためす。
更に、やっぱりカルシウムをおおく包括する、大豆製品として、油揚げを細く刻んでプラスしてもいいものである。
油揚げからも美味しいダシがでる為、一石二鳥である。



07 : 15 : 56 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 基準値

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、食生活の見直しとおなじ様に、運動も重要なポイントである。
食物から取ったカルシウムを、骨に蓄え、骨量を増大させるには、体をシフトさせる事が肝心であるためす。

同じ量のカルシウムを取っていても、運動をしている人としていない人では、骨密度が異なる。
また、運動は継続する事で更にその効果が高まると云われる。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

しかしながら、効果は、ただしい歩き方をしてこそ得られる。
間ちがった方法では、かえって体のあちこちに支障をおよぼす事にもなる。
ただしい歩き方とは? まず視線をまっすぐにキープする事が肝心である。
数メートル先の地面を観る感覚が良いだろう。
肩は楽にし、腕をガッツリと振る。
腕を前後に振る事で自然に歩幅が広がり、リズミカルな歩き方が出きるように成る。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



07 : 16 : 10 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 専門医

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

2.ビタミンDでカルシウムの吸収を助けよう・・・・・・カルシウムの吸収を助ける。
通常、戸外にでる生活をしていれば、日光に当たる事で皮膚で作成する事が出きる。

3.蛋白(たんぱく)質の摂取は適量にすべきだ・・・・・・蛋白(たんぱく)質のとりすぎは、カルシウムの活用を悪くする。

4.塩分の取りすぎに注意する・・・・・・塩分の取りすぎはカルシウムの活用を悪くする。

牛乳はこういった具合に栄養の釣り合いが途方もなく優れた完璧食品であるためすが、唯一の短所を上げるとしたら、ビタミンCの含有量が多くはないと云う事である。
そこでお勧めは、ビタミンの宝庫である野菜や果物と一緒に取る事である。
黄色野菜には、牛乳と比較すると吸収率は劣るものの、豊富なカルシウムが含有されている。
毎日の朝食メニューに、青菜のジュースに牛乳を加え、お好みではちみつをプラスした栄養ドリンクはどうだろう?



08 : 01 : 49 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 薬

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、食生活の見直しとおなじ様に、運動も重要なポイントである。
食物から取ったカルシウムを、骨に蓄え、骨量を増大させるには、体をシフトさせる事が肝心であるためす。

同じ量のカルシウムを取っていても、運動をしている人としていない人では、骨密度が異なる。
また、運動は継続する事で更にその効果が高まると云われる。

カルシウム以外には、どんな栄養素が必要だろうか? 以下に、食生活と云う面での、骨粗しょう症対策の注意点をあげてみるべきだ:

1.カルシウムを充分に摂取すべきだ・・・・・・なんと云っても、骨を作成する材料となるカルシウムの摂取は途方もなく重要である。カルシウムをおおく包括する食品は、乳製品、魚介類、緑黄色野菜、海藻、大豆製品である。

しかしながら、効果は、ただしい歩き方をしてこそ得られる。
間ちがった方法では、かえって体のあちこちに支障をおよぼす事にもなる。
ただしい歩き方とは? まず視線をまっすぐにキープする事が肝心である。
数メートル先の地面を観る感覚が良いだろう。
肩は楽にし、腕をガッツリと振る。
腕を前後に振る事で自然に歩幅が広がり、リズミカルな歩き方が出きるように成る。

マグネシウム
50パーセントから60パーセントは、骨に含有されている。
残りは血液、筋肉、脳、神経に実在する。
欠乏すると血管が拡張して、充血を起こする。
心悸亢進を招くるのだ。
また下痢を起こしたり、神経が興奮しやすくなる。
殊更に、穀類や海産物、ゴマ等の種実類に含有される。



06 : 59 : 16 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 デキサ

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

とはいえ、中高年に成ると、殊更に骨粗しょう症の症状がとっくにでている人は、骨が衰退しているから、無理な運動はかえって危険となる事も有る。
健康にいいから、とはじめた運動も、やり方を間ちがえたり、やりすぎては大事故につながる。

自身の体と対話し、ドクターにも対話し・・・・・・自身に合った運動プログラムを立てて、無理のない運動を生活に取り入れていこう。

健康造りの為には、別に無理して泳ぐ必要はないのだ。
温水プールで体をシフトさせるだけでも充分であるためす。

水中では浮力が活動する。
肩まで水中に沈んだ姿勢やポーズでたつと、水中での体重は陸上での10分の1にまでなると云う。
筋肉や関節に余計な負担をかける事なく、むしろ水中のほうが楽に体をシフトさせる事が出きるだろう。
また、水中では、体温が奪われるから、体温を一定に保とうとして生理機能が自然に働き、エネルギーを燃焼させる。
その為ちょっとだけの動きで効率よく運動効果が得られるのである。
また、水圧が全身にかかるから、全身の血行が良くなる。

2.骨折
筋力が衰え、釣り合い感覚がかけてくると、落ち着いた姿勢やポーズや動作をキープする事が難しくなる。
転倒しやすくなり、転倒時に手を突いて手首を骨折したり、足首をねじったりする事がおおくなる。
足の付け根の骨折は、就寝したきりに成る可能性が大幅に成るので殊更に注意が必要である。
疲労骨折を起こしやすい体質の方も居る。

無理をしない事!これが健康のための運動つくりの肝心なポイントである。



06 : 35 : 36 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 骨折

骨粗しょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善と、適度な運動、及び日光浴が重要なカギとなる。
運動は、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為に途方もなく重要である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

1.食事
なにより骨をつくる材料がなくては話にならない! カルシウムを充分にとる事を心掛けるべきだろう。
カルシウムは、牛乳・乳製品、海藻、大豆・大豆製品、緑黄色野菜、と云ったものに豊富に含有されている。
殊更に、乳製品のカルシウムは、他の食品よりもずば抜けて吸収が良いのでできる限り積極的にとりたいものである。
牛乳やヨーグルトならば、1日200?300ccが水準である。
とっくに骨粗しょう症の人等はもっとたくさん(400cc)取った方が良いものである。

立ち方
ただしい姿勢やポーズの為には、まず初めは立ち方を改善する事が肝心である。

両足のかかとをあわせ、お腹に力を入れる。
次に大幅に息を吸って背筋を伸ばすべきだろう。
お尻はきゅっと引きしめる。
重心がちょうど体の中心にくるようにする。
左右のどちらにも傾かないようにする。
どうだろう、出きたか?これがただしい立ちの姿勢やポーズである。

マグネシウム
50パーセントから60パーセントは、骨に含有されている。
残りは血液、筋肉、脳、神経に実在する。
欠乏すると血管が拡張して、充血を起こする。
心悸亢進を招くるのだ。
また下痢を起こしたり、神経が興奮しやすくなる。
殊更に、穀類や海産物、ゴマ等の種実類に含有される。



06 : 16 : 52 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 欧米

骨粗しょう症の予防と改善のための食生活でまず重要とされるのは、骨や歯を形成するためのそもそもの材料であるカルシウムを充分に摂取し、取ったカルシウムを骨に累積、沈着させる為に必要なビタミンDを充分に取り入れる事である。

例を挙げると、最もカルシウムをおおく必要とし、成長しなければならない少年期や青年期に無理なダイエットをしたり、過度の運動をすると、高めなくてはならないピークが、低いままで完了してしまう事に成る。
また、おやつにスナック菓子ばっかりを口にしていると、スナック菓子を初めとする加工食品におおく含有されるリンがカルシウムの吸収を妨げてしまう。

カルシウムをおおく包括する食品
・牛乳や乳製品・・・・・・牛乳、プロセスチーズ
・小魚や海藻・・・・・・干しあみ、干しえび(殻つき)
・青菜類・・・・・・小松菜、青梗菜
・大豆、大豆製品・・・・・・凍り豆腐、木綿豆腐

*なかでも牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率が高く、優良なカルシウム供給源である。

干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは疑う余地もなく少なくないのであるが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べつづける事はなかなかどうしてむずかしいものである。
干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラムレベルだからである。
牛乳のケースの場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けるが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲みつづける事は決して無理な話じゃないのだ。
朝、コップ1杯呑み込めば、もう200グラムである。
牛乳をそのまま呑み込むのは不得意な人は、シチューやポタージュスープに入れても良いだろう。
無理のない形で持続する事が肝心である。



07 : 34 : 31 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 ガイドライン 2015

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が消耗し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなる症状である。
高齢者や、殊更に閉経後の女性におおくみられる病気である。
原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考慮される。

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含有されている。
これはコップ1杯の牛乳に含有されるカルシウムに匹敵する量である。
乳製品のカルシウムは他の食品中のカルシウムと比較して吸収が優秀に良い為、骨粗しょう症には欠かせない食品であるが、必要なカルシウムを全部乳製品からとるのはたいへのである。
多種多様な食品からとっていく事で他の栄養素の釣り合いもとれる。

しかしながら、効果は、ただしい歩き方をしてこそ得られる。
間ちがった方法では、かえって体のあちこちに支障をおよぼす事にもなる。
ただしい歩き方とは? まず視線をまっすぐにキープする事が肝心である。
数メートル先の地面を観る感覚が良いだろう。
肩は楽にし、腕をガッツリと振る。
腕を前後に振る事で自然に歩幅が広がり、リズミカルな歩き方が出きるように成る。

干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは疑う余地もなく少なくないのであるが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べつづける事はなかなかどうしてむずかしいものである。
干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラムレベルだからである。
牛乳のケースの場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けるが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲みつづける事は決して無理な話じゃないのだ。
朝、コップ1杯呑み込めば、もう200グラムである。
牛乳をそのまま呑み込むのは不得意な人は、シチューやポタージュスープに入れても良いだろう。
無理のない形で持続する事が肝心である。



06 : 53 : 10 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 薬 比較

骨粗しょう症の予防と改善には、カルシウムを充分に取るよう食生活を見直し、適度な運動と、適度な日光浴を生活に取り入れる事が重要である。
運動するにあたっては、あくまでも「健康造りのための運動」である事を肝に銘じておく事が肝心である。
人と競い合ったり、記録に固執すると、無理をしすぎてかえって大事故を招く事にも成りかねないからだ。

しかしながら、どうして女性にこれほど骨粗しょう症がおおくみられるのだろうか? 現実、40歳以上の発症頻度は、男性の3.7パーセントに対して、女性では13.1パーセントと云う。
ほぼ4倍と云うから驚きである。

ワカサギやアジのマリネは、魚を骨ごと口にする事からカルシウムを豊富に摂取出きるし、魚の蛋白(たんぱく)質も豊富にとれる。
そして酢を用いる事でカルシウムを効率よく摂取出きる事から、優れた「骨粗しょう症対策メニュー」と云える。

正確には、幼少期から青年期にかけての本来ならば、どんどん骨量を増やさなければならなかったはずの年代にファーストフードや加工食品を食べ、カルシウムを充分に取ってこなかった事が大幅に影響していると云えるだろう。
そして過度なダイエットがこれに拍車をかける。
無理なダイエットで生理が留まってしまうと、本来ならば、閉経後にやってくるはずのホルモンの変化が早々とおそってくのである。
そして骨量がどんどん消耗してきてしまうのである。



07 : 12 : 01 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 データ

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

豆腐の主成分は植物性蛋白(たんぱく)質である。
植物性の蛋白(たんぱく)質は、肉や魚と云った動物性蛋白(たんぱく)質と比較して消化吸収が悪いのであるが、豆腐のケースの場合は、消化吸収が途方もなくよく、95パーセントと云う高さで無駄なく吸収される。
また、豆腐の喜ばしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!と云う事だろう。
豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・・・・なんでもよく合うし、大豆の蛋白(たんぱく)質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良い蛋白(たんぱく)質を取る事が出きる。

まだまだ有る! ビタミンDが活性型ビタミンDに変わる為には、実は紫外線が必要であるためす。
疑う余地もなく、紫外線は近年、まさに敵のように扱われているが、事骨粗しょう症予防には必要な働きをするのである。
高齢になり、あまり外出しなくなると、健康の為に必要な紫外線量さえも確保できなくなるのである。

2.良質の蛋白(たんぱく)質をあるレベルたびたび取る。

1日60?80グラムを水準に取る。
蛋白(たんぱく)質は、あまり多すぎてもカルシウムの吸収を悪くしてしまう。

3.ビタミンDを充分に取る。

ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を促進する働きが有る。

4.リンとの比率を考慮する。

5.食物繊維はほどほどにする。

6.アルコールはほどほどに・・・・・・!



07 : 55 : 10 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 発症率

ゴマは、昔から健康食品として認識されている。
不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールの値を下げる事が把握できている。
また、ごまに独自の抗酸化物質で、ゴマリグナンの1つである、セサミノールは、効力をアップするとも云われる。
このセサミノールは、細胞の老化や、がん化の原因となるともされる過酸化脂質の生成を制御する事から、若さを保ち、美容と健康に適切な物質である。

カルシウムの骨への沈着を助ける任務をするのが、ビタミンDである。

ビタミンDは、体内の石灰とリンの代謝をアレンジし、骨をつくるのに関与する。
これが欠乏すると、歯の発育が悪くなし、骨は軟化する。
骨粗しょう症の原因となるのである。

また、年中、日光のあたらない場所にいると、ビタミンD不足症、いわゆる「セムシ」と云う症状を起こする。
日本では、冬に殆ど日光をみない北陸地方におおくみられる。

次に、仰向けに就寝して両足をのばす。
そのとき左右の足は同じ長さだろうか?また足を外部にオープンしたときの開き具合は同じだろうか?両足の開き方がちがうようであれば、骨盤の左右の高低にちがいがあると云う事である。

マグネシウム
50パーセントから60パーセントは、骨に含有されている。
残りは血液、筋肉、脳、神経に実在する。
欠乏すると血管が拡張して、充血を起こする。
心悸亢進を招くるのだ。
また下痢を起こしたり、神経が興奮しやすくなる。
殊更に、穀類や海産物、ゴマ等の種実類に含有される。



08 : 34 : 18 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 意味

骨粗しょう症にかんしては、食生活の見直しや運動、日光浴と云った日常の生活を改善する事で、予防及び症状の更なる悪化を防ぐ事が重要な対策となる。

しかしながら、もっとできる限り積極的な治療法はないものだろうか?

しかしながら、どうして女性にこれほど骨粗しょう症がおおくみられるのだろうか? 現実、40歳以上の発症頻度は、男性の3.7パーセントに対して、女性では13.1パーセントと云う。
ほぼ4倍と云うから驚きである。

第1に、女性は、本来骨が細く、骨量が多くはない事が原因している。
また若い頃からダイエットをしたり、運動量が多くはないと云う事もカルシウム不足やカルシウムの骨への累積を少なくする原因と為ってる。
カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと云われる。
しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子供にあたえてしまうと云う事、そして閉経をむかえて更年期に成ると、女性ホルモンの分泌がとまってしまう事があげられる。

ほうれん草や青梗菜等の青菜には、カルシウムが豊富に含有されている。
また、酢にはカルシウムの吸収を助ける機能が有る・・・・・・そこで! 青菜のおひたしに三杯酢をかけ、香ばしく炒ったゴマをたっぷりかけてはどうだろう? ちょっとだけの副菜であるが、カルシウムたっぷり、しかも消化吸収もよく、骨粗しょう症対策メニューとして優秀である。



07 : 13 : 18 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 若い

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

骨粗しょう症のケースの場合、X線検査を実践すると以下のような所見が有る:
1.骨の陰影濃度・・・・・・骨粗しょう症では、陰影が薄くなる。

2.「骨梁(こつりょう)」・・・・・・骨の網目構造の事を「骨梁(こつりょう)」と云う。
骨粗しょう症のケースの場合、椎体の骨梁が細く、小さく、粗くなる。

カルシウムをおおく包括する食品
・牛乳や乳製品・・・・・・牛乳、プロセスチーズ
・小魚や海藻・・・・・・干しあみ、干しえび(殻つき)
・青菜類・・・・・・小松菜、青梗菜
・大豆、大豆製品・・・・・・凍り豆腐、木綿豆腐

*なかでも牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率が高く、優良なカルシウム供給源である。

また腹部の内臓が横隔膜を押し上げて肺を押し縮める為、自然に呼吸は腹式呼吸に成る。
胸式よりも深く呼吸をする事が出きるのである。



08 : 36 : 46 | 日記 | page top↑

男性ホルモン 骨粗しょう症

骨粗しょう症では一般的に腰痛がみられる。
急性の腰痛に対しては、3週間ほどの安静と、消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)や筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与に拠ってあるレベルの低減をはかる。
そしてできる限り早くベッドを離れて、運動をはじめるよう勧められる。
これ以外、軟性のコルセットをつけて、体を固定し、支持すると痛みを低減するのに役立つ。

とはいえ、ひざや腰に故障を抱く人達にとって、運動は辛いもののではないだろうか? その点、お勧めなのが水中での運動である。
「水泳」と云うと抵抗がある人も居るのじゃないものであろうか? 鼻から水を吸い込んでしまったときのあの痛みは、殆どの人が経験しているものである。

乳製品と青菜を組み合わせたお勧めメニュー
ほうれん草のミルク煮
〈材料 4人分〉
・牛乳・・・・・・カップ1
・みそ・・・・・・大さじ1と1/2
・ほうれんそう・・・・・・一把
・ロースハム・・・・・・4枚
・ブイヨン・・・・・・1と1/2カップ(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは疑う余地もなく少なくないのであるが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べつづける事はなかなかどうしてむずかしいものである。
干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラムレベルだからである。
牛乳のケースの場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けるが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲みつづける事は決して無理な話じゃないのだ。
朝、コップ1杯呑み込めば、もう200グラムである。
牛乳をそのまま呑み込むのは不得意な人は、シチューやポタージュスープに入れても良いだろう。
無理のない形で持続する事が肝心である。



06 : 39 : 09 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 goo

骨粗しょう症の予防と改善には、毎日の食事のなかでカルシウムを充分に取る事が必要である。
しかしそれだけでなく、いかに効率よく摂取、吸収、沈着させるか、と云う事も肝心に成る。

例を挙げると、最もカルシウムをおおく必要とし、成長しなければならない少年期や青年期に無理なダイエットをしたり、過度の運動をすると、高めなくてはならないピークが、低いままで完了してしまう事に成る。
また、おやつにスナック菓子ばっかりを口にしていると、スナック菓子を初めとする加工食品におおく含有されるリンがカルシウムの吸収を妨げてしまう。

健康造りの為には、別に無理して泳ぐ必要はないのだ。
温水プールで体をシフトさせるだけでも充分であるためす。

水中では浮力が活動する。
肩まで水中に沈んだ姿勢やポーズでたつと、水中での体重は陸上での10分の1にまでなると云う。
筋肉や関節に余計な負担をかける事なく、むしろ水中のほうが楽に体をシフトさせる事が出きるだろう。
また、水中では、体温が奪われるから、体温を一定に保とうとして生理機能が自然に働き、エネルギーを燃焼させる。
その為ちょっとだけの動きで効率よく運動効果が得られるのである。
また、水圧が全身にかかるから、全身の血行が良くなる。

例を挙げると、季節のフレッシュ野菜やフルーツと合わせてヨーグルトサラダにすれば、ヨーグルトに不足しているビタミンCをフォローする事ができ、骨粗しょう症と美容にベストなメニューに成る。
また、夏にはプレーンヨーグルトに砂糖とレモン汁をプラスして冷凍するとさっぱりとしたシャーベットに成る。
お好みではちみつやジャムを沿えて、お子様のおやつにどうだろうか。



07 : 47 : 37 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 検査 料金

骨粗しょう症の予防と改善には、カルシウムを充分に取るよう食生活を見直し、適度な運動と、適度な日光浴を生活に取り入れる事が重要である。
運動するにあたっては、あくまでも「健康造りのための運動」である事を肝に銘じておく事が肝心である。
人と競い合ったり、記録に固執すると、無理をしすぎてかえって大事故を招く事にも成りかねないからだ。

成人のカルシウム必要摂取量は、通常、600ミリグラムと云われるが、骨粗しょう症の改善と予防には、1日1000ミリグラムを目標にすべきだろう。
ゆえに、それだけの量をとる為には、カルシウムを豊富に含み、かつ吸収率の良いものを優先的にとるようにする。

大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。

豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐が有る。
料理やおのおののお好みに合わせて使い分けると良いだろう。
大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。
大豆は勿論、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・・・・多種多様な形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにすべきだろう。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



23 : 46 : 43 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 定期検査

骨粗しょう症に成ると腰や背中が重く実感するようになり、慢性的な腰痛を訴えるように成る。
また、骨がもろく、軽石のようにスカスカの状態に為ってる事から、途方もなく骨折しやすくなる。
ちょっと圧力がかかっただけでも、脊椎の椎体に圧迫骨折を起こする。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

実は、ごまは、カルシウムも途方もなくたくさん包括しており、骨粗しょう症にも効果があるのである。
じょうぶな歯や骨の形成に、牛乳やヨーグルトと云った乳製品にプラスして、ごまも毎日の食事に上手く取り入れてはどうだろう。

大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。

豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐が有る。
料理やおのおののお好みに合わせて使い分けると良いだろう。
大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。
大豆は勿論、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・・・・多種多様な形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにすべきだろう。

座り方
仕事でずっと座りっぱなしの人は、ただしい座り方をしていないと肩こりや腰痛をいよいよ悪化させる事に成る。
前かがみの姿勢やポーズは背骨を無理に湾曲させる事から、腰や背中に負担がかかる。

いすに深く腰掛ける。
背骨はピンと伸ばすべきだろう。
座骨を垂直にして座るつもりで胸を張った姿勢やポーズをする。
これがただしい座り方である。

ただしい姿勢やポーズは、初めのうちこそ、緊張した感覚がして疲労を実感するが、慣れてくると体への負担が軽い事が実感出きる。
前かがみで猫背では観た目にも美しくないのだ。



06 : 16 : 30 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 沖縄

ゴマは、昔から健康食品として認識されている。
不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールの値を下げる事が把握できている。
また、ごまに独自の抗酸化物質で、ゴマリグナンの1つである、セサミノールは、効力をアップするとも云われる。
このセサミノールは、細胞の老化や、がん化の原因となるともされる過酸化脂質の生成を制御する事から、若さを保ち、美容と健康に適切な物質である。

骨粗しょう症のケースの場合、X線検査を実践すると以下のような所見が有る:
1.骨の陰影濃度・・・・・・骨粗しょう症では、陰影が薄くなる。

2.「骨梁(こつりょう)」・・・・・・骨の網目構造の事を「骨梁(こつりょう)」と云う。
骨粗しょう症のケースの場合、椎体の骨梁が細く、小さく、粗くなる。

リン
80パーセントは、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとして骨や歯の形成に預かる。
残りの20パーセントは、体液や組織中に含まれ、血液のphや体液の浸透圧のアレンジをする。
不足すると歯や骨が弱くなり、骨粗しょう症を招き、骨折を起こしやすくなる。
但しリンは日常生活に充分に含有されており、欠乏や不足すると云う事は殆どないのだ。
殊更に、加工食品や卵黄、煮干等におおく含有されている。

骨粗しょう症に対する薬物療法としては、カルシウム製剤や活性型ビタミンDの投与のほか、蛋白(たんぱく)同化ホルモン、カルシトニン製剤の投与が実行される。
骨量を増大させたり、カルシウムの骨への沈着を誘う事が目的である。
しかし骨量の増加どころか、現状キープをするのみでもなかなかどうしてむずかしいのが現実である。

若いうちから可能な限り、カルシウムの摂取、運動の取り入れ、適度の日光浴をして、骨粗しょう症予防に取り組む事の肝心さはどれほど強調しても強調しすぎる事はないようである。



07 : 36 : 26 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 男女

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

例を挙げると、最もカルシウムをおおく必要とし、成長しなければならない少年期や青年期に無理なダイエットをしたり、過度の運動をすると、高めなくてはならないピークが、低いままで完了してしまう事に成る。
また、おやつにスナック菓子ばっかりを口にしていると、スナック菓子を初めとする加工食品におおく含有されるリンがカルシウムの吸収を妨げてしまう。

2.ビタミンDでカルシウムの吸収を助けよう・・・・・・カルシウムの吸収を助ける。
通常、戸外にでる生活をしていれば、日光に当たる事で皮膚で作成する事が出きる。

3.蛋白(たんぱく)質の摂取は適量にすべきだ・・・・・・蛋白(たんぱく)質のとりすぎは、カルシウムの活用を悪くする。

4.塩分の取りすぎに注意する・・・・・・塩分の取りすぎはカルシウムの活用を悪くする。

次は、体のゆがみじゃないのだが、左右の手の釣り合いの点検である。
背中で手を組んだいと思う。
右手を上にしたケースの場合、左手を上にしたケースの場合・・・・・・左右どちらの組み方でもおなじ様に指が軽く接触するだろうか? 利き手ばっかりをシフトさせていると、左右の関節の可動域が変わってきてしまう。
両方の手を釣り合いよく使用する事が肝心である。



07 : 04 : 11 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症とは

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

成人のカルシウム必要摂取量は、通常、600ミリグラムと云われるが、骨粗しょう症の改善と予防には、1日1000ミリグラムを目標にすべきだろう。
ゆえに、それだけの量をとる為には、カルシウムを豊富に含み、かつ吸収率の良いものを優先的にとるようにする。

毎日実践する「健康のための運動」としては、例を挙げると、ウォーキングや軽いエアロビクス、水泳、ジョギングを30分レベル実践すると良いだろう。
自転車で近隣を1回りしてくるのも、気持ち転換になっていいものである。
1週間に3回以上、1回30分?1時間くらいおこないたいものである。
ひざが痛い人等は、無理な運動は控えなくてはいけないが、温水プールを歩くのならば、ひざへの負担を少なく、運動を実践する事が出きる。
筋力がつき、ひざの痛みを低減する事も出きるだろう。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



06 : 03 : 24 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 歯科治療

骨粗しょう症の予防と改善には、カルシウムを充分に取るよう食生活を見直し、適度な運動と、適度な日光浴を生活に取り入れる事が重要である。
運動するにあたっては、あくまでも「健康造りのための運動」である事を肝に銘じておく事が肝心である。
人と競い合ったり、記録に固執すると、無理をしすぎてかえって大事故を招く事にも成りかねないからだ。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

健康造りの為には、別に無理して泳ぐ必要はないのだ。
温水プールで体をシフトさせるだけでも充分であるためす。

水中では浮力が活動する。
肩まで水中に沈んだ姿勢やポーズでたつと、水中での体重は陸上での10分の1にまでなると云う。
筋肉や関節に余計な負担をかける事なく、むしろ水中のほうが楽に体をシフトさせる事が出きるだろう。
また、水中では、体温が奪われるから、体温を一定に保とうとして生理機能が自然に働き、エネルギーを燃焼させる。
その為ちょっとだけの動きで効率よく運動効果が得られるのである。
また、水圧が全身にかかるから、全身の血行が良くなる。

女性ホルモン エストロゲン
閉経をむかえると、エストロゲンと云う女性ホルモンの分泌が激減する。
この女性ホルモンは途方もなく強力なホルモンで、骨をつくる細胞のはたらきを活発にし、腎臓での活性型ビタミンDの合成を促進する機能も有る。
高齢に成ると、ただでさえ、腎臓の働きが衰え、活性型ビタミンDの合成能力が衰える。
女性のケースの場合、ホルモンの関係でこれに更に拍車がかかって、いよいよ活性型ビタミンDが合成されなくなり、カルシウムの吸収が難しくなるのである。



06 : 50 : 08 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 貼り薬

骨粗しょう症の予防と改善には、カルシウムを充分に取るよう食生活を見直し、適度な運動と、適度な日光浴を生活に取り入れる事が重要である。
運動するにあたっては、あくまでも「健康造りのための運動」である事を肝に銘じておく事が肝心である。
人と競い合ったり、記録に固執すると、無理をしすぎてかえって大事故を招く事にも成りかねないからだ。

急性の腰痛や背部痛に対しては、3週間ほどの安静と消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)や筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与に拠ってあるレベルの低減をはかる。
但しあるレベル痛みが静まったら、できる限り早くベッドを離れ、運動をはじめるほうが良いだろう。
長く床を離れないでいると、筋肉が弱り、就寝したきりになってしまう。

人間の皮膚は、日光や紫外線に当たるとビタミンDをつくる機能があるのであるが、曇りがちであったり、冬に雪の少なくない地方では、日光に当たる事が多くはない為、ビタミンDが不足するのである。
ビタミンDは、脂肪に溶ける為、ビタミンAと一緒に魚の肝臓、肝油、バター、卵黄等におおく含有される。
またきのこ類や酵母には、ビタミンDの前身のエルゴステリンが含有されており、紫外線にあてるとビタミンDに変わる。

そして干ししいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやエルゴステリンが豊富に含有されている。
そして何よりもこれらから美味しいダシがでる為、素材そのものとしては味に乏しいひじきを美味しく口にするためのつよい味方であるためす。
更に、やっぱりカルシウムをおおく包括する、大豆製品として、油揚げを細く刻んでプラスしてもいいものである。
油揚げからも美味しいダシがでる為、一石二鳥である。



07 : 30 : 35 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 yam

酢は、昔から健康食品として知られ、新約聖書には、病人に水の代わりに酢をあたえたと云う話があるほどである。

酢には、疲労回復の特効薬と云われるクエン酸をはじめ、酸味のもとに成る60種類以上の有機酸が含有されている。
また、酢に含有される、酢酸は、食品中のカルシウムを引き出し、吸収しやすい酢酸カルシウムにする機能が在り、骨粗しょう症の予防や改善に効果が有る。

これ以外方で、日常の生活を見直し、姿勢やポーズを正すよう指導が実行される。
まず初めは、立ち方と座り方にかんして見直し、姿勢やポーズを正し、体のひがみを直すため試行錯誤をすべきだろう。

ところが近年、20歳前後の若い女性の5人に1人に、早々と骨量の消耗がみとめられ、ゆくゆくは骨粗しょう症に成るであろう「骨粗しょう症予備軍」が増大しているのである。

この現象の原因は、若い女性の食生活を初めとする生活全般の変化・・・・・・乱れ・・・・・・が有る。

運動を継続するには、それを生活の一部に習慣化してしまう事である。
朝、食事の前にご近隣を1回りしながら散歩をする! 駅までは車を使わずに歩く! 就寝する前にはストレッチ! ・・・・・・ちょっとだけの「運動」を積み重ねていくといいものである。



06 : 16 : 43 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 逆流性食道炎

骨粗しょう症にかんしては、食生活の見直しや運動、日光浴と云った日常の生活を改善する事で、予防及び症状の更なる悪化を防ぐ事が重要な対策となる。

しかしながら、もっとできる限り積極的な治療法はないものだろうか?

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含有されている。
これはコップ1杯の牛乳に含有されるカルシウムに匹敵する量である。
乳製品のカルシウムは他の食品中のカルシウムと比較して吸収が優秀に良い為、骨粗しょう症には欠かせない食品であるが、必要なカルシウムを全部乳製品からとるのはたいへのである。
多種多様な食品からとっていく事で他の栄養素の釣り合いもとれる。

ワカサギやアジのマリネは、魚を骨ごと口にする事からカルシウムを豊富に摂取出きるし、魚の蛋白(たんぱく)質も豊富にとれる。
そして酢を用いる事でカルシウムを効率よく摂取出きる事から、優れた「骨粗しょう症対策メニュー」と云える。

骨粗しょう症に対する薬物療法としては、カルシウム製剤や活性型ビタミンDの投与のほか、蛋白(たんぱく)同化ホルモン、カルシトニン製剤の投与が実行される。
骨量を増大させたり、カルシウムの骨への沈着を誘う事が目的である。
しかし骨量の増加どころか、現状キープをするのみでもなかなかどうしてむずかしいのが現実である。

若いうちから可能な限り、カルシウムの摂取、運動の取り入れ、適度の日光浴をして、骨粗しょう症予防に取り組む事の肝心さはどれほど強調しても強調しすぎる事はないようである。



06 : 25 : 49 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 大豆

骨粗しょう症の予防と改善には、毎日の食事のなかでカルシウムを充分に取る事が必要である。
しかしそれだけでなく、いかに効率よく摂取、吸収、沈着させるか、と云う事も肝心に成る。

ゆえに、治療及び予防には、食事のなかでカルシウムを充分に取る事が有る。
と同時に、カルシウムの吸収や活用効率を高める為にリンとの摂取比率を考慮する事や、ビタミンDを取り入れる事が必要である。

骨粗しょう症に成ると骨折を起こしやすくなる。
高齢者の骨折は、治りにくいと云うだけでなく、就寝したきりや痴呆の要因となる。
若いうちから予防を含有出きたケアが必要である。

立ち方
ただしい姿勢やポーズの為には、まず初めは立ち方を改善する事が肝心である。

両足のかかとをあわせ、お腹に力を入れる。
次に大幅に息を吸って背筋を伸ばすべきだろう。
お尻はきゅっと引きしめる。
重心がちょうど体の中心にくるようにする。
左右のどちらにも傾かないようにする。
どうだろう、出きたか?これがただしい立ちの姿勢やポーズである。

運動を継続するには、それを生活の一部に習慣化してしまう事である。
朝、食事の前にご近隣を1回りしながら散歩をする! 駅までは車を使わずに歩く! 就寝する前にはストレッチ! ・・・・・・ちょっとだけの「運動」を積み重ねていくといいものである。



08 : 13 : 01 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 年齢

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

また、牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロする・・・・・・と云う人にとっては、ヨーグルトならば、乳酸菌に拠って乳糖の一部が分解されて、消化されやすいかたちに為ってる為、落ち着いて召し上がる事が出きる。

*牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロしたり、下痢をする人は、牛乳のラクターゼと云う乳糖を消化するのに必要な酵素が体質的に欠損しているからである(乳糖不耐性)。

ところが近年、20歳前後の若い女性の5人に1人に、早々と骨量の消耗がみとめられ、ゆくゆくは骨粗しょう症に成るであろう「骨粗しょう症予備軍」が増大しているのである。

この現象の原因は、若い女性の食生活を初めとする生活全般の変化・・・・・・乱れ・・・・・・が有る。

そして、かかとから着地するようにする。
足の甲とすねの角度が直角に成ると理想的である。
そしてつま先でけりだすようにすべきだろう。
健康造りのウォーキングは、何時もよりちょっと大またで! 初めは急がずゆっくりと・・・・・・少しずつピッチをあげて、楽しく、リズミカルに歩こう!



06 : 49 : 41 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (104)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR