FC2ブログ

骨粗しょう症 禁忌

ヨーグルトは、カルシウムを豊富に包括するのみでなく、発酵のプロセスでカルシウムが蛋白(たんぱく)質や乳酸と結びついて消化がよい形に為ってる為、体内で効率よくカルシウムを活用する事が出きる。

骨粗しょう症対策に酢を食生活に上手く活用する方法をご案内すべきだろう。

例を挙げると、アジや秋刀魚、イワシと云った青い背の魚は、健康に良いと把握できていても、あの独自の魚の臭みが不得意と云う方がおおく居る。
そのよう方は、魚を煮込む際に酢を少しプラスしてみて欲しい。
魚の生臭みが消失するのみでなく、骨もやわらかくなり、口にしやすくなる。
また、揚げ物に酢をかけると油っぽさが消え、食欲がない時にお勧めである。

また、殊更に女性のケースの場合、閉経期以降に骨量が消耗する。
ここで日頃の生活をいかに過ごすかでも、「骨粗しょう症危険度」が格段にちがってくのである。

食事でカルシウムを取る事は勿論肝心であるが、家に閉じこもってばっかりいて、体をシフトさせないと、せっかく取ったカルシウムを骨に蓄える事が出きない。
また、アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収を悪くするのみでなく、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDの機能を制御してしまう。

正確には、幼少期から青年期にかけての本来ならば、どんどん骨量を増やさなければならなかったはずの年代にファーストフードや加工食品を食べ、カルシウムを充分に取ってこなかった事が大幅に影響していると云えるだろう。
そして過度なダイエットがこれに拍車をかける。
無理なダイエットで生理が留まってしまうと、本来ならば、閉経後にやってくるはずのホルモンの変化が早々とおそってくのである。
そして骨量がどんどん消耗してきてしまうのである。



スポンサーサイト



07 : 08 : 46 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 注射 副作用

骨粗しょう症の予防と改善にとって、骨を形成するそもそもの材料となるカルシウムの摂取は、絶対的に重要なポイントである。
殊更に、牛乳やチーズ、ヨーグルトと云った乳製品は、カルシウムが豊富に含有されると云うだけでなく、途方もなく吸収が良い事からも効率的にカルシウムを摂取出きる、最優秀の骨粗しょう症対策食品である。

また、「乳糖不耐症」と云って、誕生しながらに乳頭を消化する酵素が備わってない人がいる。
このような方は、チーズと云う形で乳製品をとるようにしてみてはどうだろう? 牛乳の栄養が凝縮されているから、食欲がないときでも、カルシウムをはじめとして、効率よく栄養を取る事が出きる。

また、カルシウムには、神経のいらだちを制御して精神を落ち着かせる働きがある事はよく認識されているが、牛乳の蛋白(たんぱく)質が分解されて出きるβ―カゾモルフィンと云うアミノ酸の集合体にも、鎮静機能や精神安定機能が有る・・・・・・赤ちゃんはミルクを呑み込むとすやすやと眠るよね、それもこの機能によるものである。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

但しX線上で診察されるレベルと、腰痛や背中の曲がり(円背(えんばい)と呼称される状態で背中が丸くなる)具合は絶対に合致しない事が多々有る。



07 : 26 : 29 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 砂糖

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

骨粗しょう症のケースの場合、X線検査を実践すると以下のような所見が有る:
1.骨の陰影濃度・・・・・・骨粗しょう症では、陰影が薄くなる。

2.「骨梁(こつりょう)」・・・・・・骨の網目構造の事を「骨梁(こつりょう)」と云う。
骨粗しょう症のケースの場合、椎体の骨梁が細く、小さく、粗くなる。

朝、コップ1杯の牛乳を呑み込む、お昼やおやつにヨーグルトを口にする、と云うようにすればさほど無理なく摂取出きる量である。
脂肪が気に成る人は、低脂肪牛乳やスキムミルクを活用してはどうだろう?牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロすると云う人は、ヨーグルトやチーズがお勧めである。

干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは疑う余地もなく少なくないのであるが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べつづける事はなかなかどうしてむずかしいものである。
干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラムレベルだからである。
牛乳のケースの場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けるが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲みつづける事は決して無理な話じゃないのだ。
朝、コップ1杯呑み込めば、もう200グラムである。
牛乳をそのまま呑み込むのは不得意な人は、シチューやポタージュスープに入れても良いだろう。
無理のない形で持続する事が肝心である。



08 : 03 : 07 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 rankl

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

急性の腰痛や背部痛に対しては、3週間ほどの安静と消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)や筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与に拠ってあるレベルの低減をはかる。
但しあるレベル痛みが静まったら、できる限り早くベッドを離れ、運動をはじめるほうが良いだろう。
長く床を離れないでいると、筋肉が弱り、就寝したきりになってしまう。

朝、コップ1杯の牛乳を呑み込む、お昼やおやつにヨーグルトを口にする、と云うようにすればさほど無理なく摂取出きる量である。
脂肪が気に成る人は、低脂肪牛乳やスキムミルクを活用してはどうだろう?牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロすると云う人は、ヨーグルトやチーズがお勧めである。

また腹部の内臓が横隔膜を押し上げて肺を押し縮める為、自然に呼吸は腹式呼吸に成る。
胸式よりも深く呼吸をする事が出きるのである。



07 : 48 : 07 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 内服

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

これ以外方で、日常の生活を見直し、姿勢やポーズを正すよう指導が実行される。
まず初めは、立ち方と座り方にかんして見直し、姿勢やポーズを正し、体のひがみを直すため試行錯誤をすべきだろう。

立ち方
ただしい姿勢やポーズの為には、まず初めは立ち方を改善する事が肝心である。

両足のかかとをあわせ、お腹に力を入れる。
次に大幅に息を吸って背筋を伸ばすべきだろう。
お尻はきゅっと引きしめる。
重心がちょうど体の中心にくるようにする。
左右のどちらにも傾かないようにする。
どうだろう、出きたか?これがただしい立ちの姿勢やポーズである。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



07 : 52 : 49 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 tスコア

骨粗しょう症の予防と対策に於いては、運動が重要なかぎとなる。
カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善は勿論であるが、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為には運動が不可欠である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

また、「乳糖不耐症」と云って、誕生しながらに乳頭を消化する酵素が備わってない人がいる。
このような方は、チーズと云う形で乳製品をとるようにしてみてはどうだろう? 牛乳の栄養が凝縮されているから、食欲がないときでも、カルシウムをはじめとして、効率よく栄養を取る事が出きる。

2.ビタミンDでカルシウムの吸収を助けよう・・・・・・カルシウムの吸収を助ける。
通常、戸外にでる生活をしていれば、日光に当たる事で皮膚で作成する事が出きる。

3.蛋白(たんぱく)質の摂取は適量にすべきだ・・・・・・蛋白(たんぱく)質のとりすぎは、カルシウムの活用を悪くする。

4.塩分の取りすぎに注意する・・・・・・塩分の取りすぎはカルシウムの活用を悪くする。

例を挙げると、季節のフレッシュ野菜やフルーツと合わせてヨーグルトサラダにすれば、ヨーグルトに不足しているビタミンCをフォローする事ができ、骨粗しょう症と美容にベストなメニューに成る。
また、夏にはプレーンヨーグルトに砂糖とレモン汁をプラスして冷凍するとさっぱりとしたシャーベットに成る。
お好みではちみつやジャムを沿えて、お子様のおやつにどうだろうか。



06 : 48 : 06 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 歯科

骨粗しょう症には、高齢者にみられる「老人性骨粗しょう症」と、閉経後5年から10年で現れるように成る「老人性骨粗しょう症」が有る。

骨粗しょう症は50歳以上の女性に殊更におおく見られ、一般的に、60歳以上の女性で腰が曲がっていたり、慢性的な腰痛があるケースの場合、ほぼ骨粗しょう症であると云えるようである(正確な診察は、X線所見により確定する)。

骨粗しょう症対策に酢を食生活に上手く活用する方法をご案内すべきだろう。

例を挙げると、アジや秋刀魚、イワシと云った青い背の魚は、健康に良いと把握できていても、あの独自の魚の臭みが不得意と云う方がおおく居る。
そのよう方は、魚を煮込む際に酢を少しプラスしてみて欲しい。
魚の生臭みが消失するのみでなく、骨もやわらかくなり、口にしやすくなる。
また、揚げ物に酢をかけると油っぽさが消え、食欲がない時にお勧めである。

第1に、女性は、本来骨が細く、骨量が多くはない事が原因している。
また若い頃からダイエットをしたり、運動量が多くはないと云う事もカルシウム不足やカルシウムの骨への累積を少なくする原因と為ってる。
カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと云われる。
しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子供にあたえてしまうと云う事、そして閉経をむかえて更年期に成ると、女性ホルモンの分泌がとまってしまう事があげられる。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



08 : 01 : 36 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 数値

どうして年齢を重ねると骨粗しょう症になりやすいのだろうか?

人間の骨組織は年齢を重ねるにつれて老化していくるのだ。
更に、高齢に成るとカルシウムの代謝や内分泌が変化し、骨の量が消耗していくるのだ。
骨密度が低くなり、軽石のようにスカスカの状態になるのである。

実はそれだけでなく、高齢に成ると、体内の多種多様な臓器の働きも落ちてくのである。

豆腐の主成分は植物性蛋白(たんぱく)質である。
植物性の蛋白(たんぱく)質は、肉や魚と云った動物性蛋白(たんぱく)質と比較して消化吸収が悪いのであるが、豆腐のケースの場合は、消化吸収が途方もなくよく、95パーセントと云う高さで無駄なく吸収される。
また、豆腐の喜ばしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!と云う事だろう。
豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・・・・なんでもよく合うし、大豆の蛋白(たんぱく)質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良い蛋白(たんぱく)質を取る事が出きる。

また、殊更に女性のケースの場合、閉経期以降に骨量が消耗する。
ここで日頃の生活をいかに過ごすかでも、「骨粗しょう症危険度」が格段にちがってくのである。

食事でカルシウムを取る事は勿論肝心であるが、家に閉じこもってばっかりいて、体をシフトさせないと、せっかく取ったカルシウムを骨に蓄える事が出きない。
また、アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収を悪くするのみでなく、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDの機能を制御してしまう。

5.アルコールの摂取はほどほどにすべきだ・・・・・・アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収の妨げに成る。

6.加工食品の摂取に注意すべきだ・・・・・・加工食品(ハムやソーセージ、インスタント食品、スナック菓子)にはリンがおおく含有されている。
リンの取りすぎはカルシウムの吸収を妨げる。

7.カルシウム強化食品を上手く活用すべきだ・・・・・・「カルシウム入り」と表示された補助食品を活用するのも一考である。



08 : 36 : 23 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 大阪

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

まず初めは、最も気楽な運動・・・・・・体をシフトさせる・・・・・・として、ウォーキングからはじめてみてはどうだろう。
歩く事には、若さを保ち、ストレスという心理的負荷を改善させる効果が有る。
肥満の予防にもなる。
また同じ姿勢やポーズでデスクワークをしている人にとって最大最高の悩み?で在り、骨粗しょう症の最も顕著な症状の1つでもある、腰痛の予防に絶大な効果が待望出きる!

健康造りの為には、別に無理して泳ぐ必要はないのだ。
温水プールで体をシフトさせるだけでも充分であるためす。

水中では浮力が活動する。
肩まで水中に沈んだ姿勢やポーズでたつと、水中での体重は陸上での10分の1にまでなると云う。
筋肉や関節に余計な負担をかける事なく、むしろ水中のほうが楽に体をシフトさせる事が出きるだろう。
また、水中では、体温が奪われるから、体温を一定に保とうとして生理機能が自然に働き、エネルギーを燃焼させる。
その為ちょっとだけの動きで効率よく運動効果が得られるのである。
また、水圧が全身にかかるから、全身の血行が良くなる。

そして干ししいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやエルゴステリンが豊富に含有されている。
そして何よりもこれらから美味しいダシがでる為、素材そのものとしては味に乏しいひじきを美味しく口にするためのつよい味方であるためす。
更に、やっぱりカルシウムをおおく包括する、大豆製品として、油揚げを細く刻んでプラスしてもいいものである。
油揚げからも美味しいダシがでる為、一石二鳥である。



07 : 15 : 56 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 基準値

骨粗しょう症の予防や症状の改善には、食生活の見直しとおなじ様に、運動も重要なポイントである。
食物から取ったカルシウムを、骨に蓄え、骨量を増大させるには、体をシフトさせる事が肝心であるためす。

同じ量のカルシウムを取っていても、運動をしている人としていない人では、骨密度が異なる。
また、運動は継続する事で更にその効果が高まると云われる。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

しかしながら、効果は、ただしい歩き方をしてこそ得られる。
間ちがった方法では、かえって体のあちこちに支障をおよぼす事にもなる。
ただしい歩き方とは? まず視線をまっすぐにキープする事が肝心である。
数メートル先の地面を観る感覚が良いだろう。
肩は楽にし、腕をガッツリと振る。
腕を前後に振る事で自然に歩幅が広がり、リズミカルな歩き方が出きるように成る。

骨粗しょう症の治療には、カルシウム製剤の投与等の薬物療法が実行されるが、骨量の増加はさほど待望出きない。
せいぜい現状キープ出きるレベルと考慮したほうがよさそうである。



07 : 16 : 10 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 専門医

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

2.ビタミンDでカルシウムの吸収を助けよう・・・・・・カルシウムの吸収を助ける。
通常、戸外にでる生活をしていれば、日光に当たる事で皮膚で作成する事が出きる。

3.蛋白(たんぱく)質の摂取は適量にすべきだ・・・・・・蛋白(たんぱく)質のとりすぎは、カルシウムの活用を悪くする。

4.塩分の取りすぎに注意する・・・・・・塩分の取りすぎはカルシウムの活用を悪くする。

牛乳はこういった具合に栄養の釣り合いが途方もなく優れた完璧食品であるためすが、唯一の短所を上げるとしたら、ビタミンCの含有量が多くはないと云う事である。
そこでお勧めは、ビタミンの宝庫である野菜や果物と一緒に取る事である。
黄色野菜には、牛乳と比較すると吸収率は劣るものの、豊富なカルシウムが含有されている。
毎日の朝食メニューに、青菜のジュースに牛乳を加え、お好みではちみつをプラスした栄養ドリンクはどうだろう?



08 : 01 : 49 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (104)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR