FC2ブログ

骨粗しょう症 わかりやすく

骨粗しょう症の予防と改善のための食生活でまず重要とされるのは、骨や歯を形成するためのそもそもの材料であるカルシウムを充分に摂取し、取ったカルシウムを骨に累積、沈着させる為に必要なビタミンDを充分に取り入れる事である。

とはいえ、中高年に成ると、殊更に骨粗しょう症の症状がとっくにでている人は、骨が衰退しているから、無理な運動はかえって危険となる事も有る。
健康にいいから、とはじめた運動も、やり方を間ちがえたり、やりすぎては大事故につながる。

自身の体と対話し、ドクターにも対話し・・・・・・自身に合った運動プログラムを立てて、無理のない運動を生活に取り入れていこう。

第1に、女性は、本来骨が細く、骨量が多くはない事が原因している。
また若い頃からダイエットをしたり、運動量が多くはないと云う事もカルシウム不足やカルシウムの骨への累積を少なくする原因と為ってる。
カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと云われる。
しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子供にあたえてしまうと云う事、そして閉経をむかえて更年期に成ると、女性ホルモンの分泌がとまってしまう事があげられる。

例を挙げると、お豆腐とほうれん草のグラタンはどうだろう? 豆腐にチーズが入る事で、カルシウムは一段をアップする。
またほうれん草にもカルシウムは豊富である。
まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」である。
但しほうれん草に含有されるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きが有る為、下ゆでしてから活用するようにする。



スポンサーサイト



13 : 23 : 26 | 日記 | page top↑

牛乳 カルシウム 骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善と、適度な運動、及び日光浴が重要なカギとなる。
運動は、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為に途方もなく重要である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含有されている。
これはコップ1杯の牛乳に含有されるカルシウムに匹敵する量である。
乳製品のカルシウムは他の食品中のカルシウムと比較して吸収が優秀に良い為、骨粗しょう症には欠かせない食品であるが、必要なカルシウムを全部乳製品からとるのはたいへのである。
多種多様な食品からとっていく事で他の栄養素の釣り合いもとれる。

乳製品と青菜を組み合わせたお勧めメニュー
ほうれん草のミルク煮
〈材料 4人分〉
・牛乳・・・・・・カップ1
・みそ・・・・・・大さじ1と1/2
・ほうれんそう・・・・・・一把
・ロースハム・・・・・・4枚
・ブイヨン・・・・・・1と1/2カップ(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

骨粗しょう症の診察は、殊更に以下の方法が有る:
・X線・・・・・・骨の陰影の濃度や骨梁の形状から判定する方法である。

・CTを用いる方法。

・アイソトープやX線の吸収度で測定する方法。

・超音波を用いる方法。

なかでも殊更に骨量の正確な把握に有力なのが、「DXA法」と「QCT法」である。

・「DXA法」・・・・・・X線の吸収度から測定する方法。

・「QCT法」・・・・・・CTを用いる方法。



13 : 26 : 48 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 早期発見

骨粗しょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善と、適度な運動、及び日光浴が重要なカギとなる。
運動は、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為に途方もなく重要である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

1.食事
なにより骨をつくる材料がなくては話にならない! カルシウムを充分にとる事を心掛けるべきだろう。
カルシウムは、牛乳・乳製品、海藻、大豆・大豆製品、緑黄色野菜、と云ったものに豊富に含有されている。
殊更に、乳製品のカルシウムは、他の食品よりもずば抜けて吸収が良いのでできる限り積極的にとりたいものである。
牛乳やヨーグルトならば、1日200?300ccが水準である。
とっくに骨粗しょう症の人等はもっとたくさん(400cc)取った方が良いものである。

骨粗しょう症の患者(クランケ)が骨折を起こしやすい部位は、長管骨(ちょうかんこつ)の大たい骨頸部(足の付け根)や、とう骨遠位端(とうこつえんいたん)(手首)、上腕骨外科頸(じょうわんこつげかけい)(腕の付け根)等である。
なかでも大たい骨頸部の骨折は、長期の療養が必要となる事から、そのまま就寝したきりになる事が多々有る。
またこれが痴呆の症状を誘引したり、痴呆の進展を促進する事にもなる為、高齢者にとって途方もなく恐いものである。

そして、かかとから着地するようにする。
足の甲とすねの角度が直角に成ると理想的である。
そしてつま先でけりだすようにすべきだろう。
健康造りのウォーキングは、何時もよりちょっと大またで! 初めは急がずゆっくりと・・・・・・少しずつピッチをあげて、楽しく、リズミカルに歩こう!



13 : 38 : 30 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 点滴

ゴマは、昔から健康食品として認識されている。
不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールの値を下げる事が把握できている。
また、ごまに独自の抗酸化物質で、ゴマリグナンの1つである、セサミノールは、効力をアップするとも云われる。
このセサミノールは、細胞の老化や、がん化の原因となるともされる過酸化脂質の生成を制御する事から、若さを保ち、美容と健康に適切な物質である。

体のゆがみの点検方法
まず初めは、鏡の前に自然な状態で立ち、自身の姿を映してみるべきだ。
両肩は平行であろうか? 鏡のなかの自身の姿がまっすぐで対称ならば安心である。
しかし左右の肩の高さがずれていたり、首が傾いているケースの場合、脊椎が湾曲している可能性大である。 次に横を向いてみるべきだ。
腰椎のそらしすぎや腰の曲がりを点検する。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

女性ホルモン エストロゲン
閉経をむかえると、エストロゲンと云う女性ホルモンの分泌が激減する。
この女性ホルモンは途方もなく強力なホルモンで、骨をつくる細胞のはたらきを活発にし、腎臓での活性型ビタミンDの合成を促進する機能も有る。
高齢に成ると、ただでさえ、腎臓の働きが衰え、活性型ビタミンDの合成能力が衰える。
女性のケースの場合、ホルモンの関係でこれに更に拍車がかかって、いよいよ活性型ビタミンDが合成されなくなり、カルシウムの吸収が難しくなるのである。



13 : 31 : 45 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 影響

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が消耗して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気である。
高齢者の骨折は、就寝したきりの原因となる。
就寝したきりは更に痴呆の原因ともなる為、高齢に人々にとって骨折は途方もなく注意すべきものである。

骨粗しょう症のケースの場合、X線検査を実践すると以下のような所見が有る:
1.骨の陰影濃度・・・・・・骨粗しょう症では、陰影が薄くなる。

2.「骨梁(こつりょう)」・・・・・・骨の網目構造の事を「骨梁(こつりょう)」と云う。
骨粗しょう症のケースの場合、椎体の骨梁が細く、小さく、粗くなる。

リン
80パーセントは、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとして骨や歯の形成に預かる。
残りの20パーセントは、体液や組織中に含まれ、血液のphや体液の浸透圧のアレンジをする。
不足すると歯や骨が弱くなり、骨粗しょう症を招き、骨折を起こしやすくなる。
但しリンは日常生活に充分に含有されており、欠乏や不足すると云う事は殆どないのだ。
殊更に、加工食品や卵黄、煮干等におおく含有されている。

骨粗しょう症の種類
骨粗しょう症には、「閉経後骨粗しょう症」と「老人性骨粗しょう症」が有る。

「閉経後骨粗しょう症」・・・・・・骨粗しょう症のなかで最もおおくみられるタイプである。
閉経後5年から10年で現れる。

「老人性骨粗しょう症」・・・・・・高齢者にみられる骨粗しょう症のタイプである。
殊更に痩せ型の50歳以上の女性におおくみられる。




13 : 42 : 36 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 とは

骨粗しょう症にかんしては、食生活の見直しや運動、日光浴と云った日常の生活を改善する事で、予防及び症状の更なる悪化を防ぐ事が重要な対策となる。

しかしながら、もっとできる限り積極的な治療法はないものだろうか?

また、牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロする・・・・・・と云う人にとっては、ヨーグルトならば、乳酸菌に拠って乳糖の一部が分解されて、消化されやすいかたちに為ってる為、落ち着いて召し上がる事が出きる。

*牛乳を呑み込むとお腹がゴロゴロしたり、下痢をする人は、牛乳のラクターゼと云う乳糖を消化するのに必要な酵素が体質的に欠損しているからである(乳糖不耐性)。

乳製品と青菜を組み合わせたお勧めメニュー
ほうれん草のミルク煮
〈材料 4人分〉
・牛乳・・・・・・カップ1
・みそ・・・・・・大さじ1と1/2
・ほうれんそう・・・・・・一把
・ロースハム・・・・・・4枚
・ブイヨン・・・・・・1と1/2カップ(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

成長期には多少なりともピークを高くする為にカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、そのうちはせっかく高めたピーク時の骨量を減少させないように、また出きる事なら更に高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組むべきだ。



03 : 11 : 05 | 日記 | page top↑

ゾメタ 骨粗しょう症

人は、年齢を重ねるにしたがい、身長が縮まり、背中や腰がまがってくのである。
高齢の方に少なくない骨折や腰痛の原因と為ってるのが、近年、事に注目されている病気、骨粗しょう症である。
骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになるのである。
高齢者の腰痛の2大原因は、この骨粗しょう症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)と云われるほど、現状、日本では問題に為ってる病気である。

カルシウムをおおく包括する食品:牛乳やこれ以外の乳製品(牛乳、プロセスチーズ)、小魚や海藻(干しあみ、干しえび(殻つき))、青菜類(小松菜、青梗菜)、大豆、大豆製品(凍り豆腐、木綿豆腐)。

大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。

豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐が有る。
料理やおのおののお好みに合わせて使い分けると良いだろう。
大豆製品はどれもカルシウムが豊富に含有されている。
大豆は勿論、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・・・・多種多様な形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにすべきだろう。

運動を継続するには、それを生活の一部に習慣化してしまう事である。
朝、食事の前にご近隣を1回りしながら散歩をする! 駅までは車を使わずに歩く! 就寝する前にはストレッチ! ・・・・・・ちょっとだけの「運動」を積み重ねていくといいものである。



13 : 21 : 20 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 サイアザイド

ひじきは、ミネラルの宝庫と云われるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品である。
ひじきに含有されるカルシウムは、海藻中トップといわれ、骨粗しょう症対策にベストな食品である。
また、鉄分もおおく、貧血にも効果が有る。
骨粗しょう症と貧血は共に女性に少なくない病気であるから、ひじきは女性の健康にとってつよい見方と云える。

まず初めは、最も気楽な運動・・・・・・体をシフトさせる・・・・・・として、ウォーキングからはじめてみてはどうだろう。
歩く事には、若さを保ち、ストレスという心理的負荷を改善させる効果が有る。
肥満の予防にもなる。
また同じ姿勢やポーズでデスクワークをしている人にとって最大最高の悩み?で在り、骨粗しょう症の最も顕著な症状の1つでもある、腰痛の予防に絶大な効果が待望出きる!

カルシウムをおおく包括する食品
・牛乳や乳製品・・・・・・牛乳、プロセスチーズ
・小魚や海藻・・・・・・干しあみ、干しえび(殻つき)
・青菜類・・・・・・小松菜、青梗菜
・大豆、大豆製品・・・・・・凍り豆腐、木綿豆腐

*なかでも牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率が高く、優良なカルシウム供給源である。

2.良質の蛋白(たんぱく)質をあるレベルたびたび取る。

1日60?80グラムを水準に取る。
蛋白(たんぱく)質は、あまり多すぎてもカルシウムの吸収を悪くしてしまう。

3.ビタミンDを充分に取る。

ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を促進する働きが有る。

4.リンとの比率を考慮する。

5.食物繊維はほどほどにする。

6.アルコールはほどほどに・・・・・・!



13 : 37 : 39 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 薬 併用

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が消耗し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなる症状である。
高齢者や、殊更に閉経後の女性におおくみられる病気である。
原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考慮される。

体のゆがみの点検方法
まず初めは、鏡の前に自然な状態で立ち、自身の姿を映してみるべきだ。
両肩は平行であろうか? 鏡のなかの自身の姿がまっすぐで対称ならば安心である。
しかし左右の肩の高さがずれていたり、首が傾いているケースの場合、脊椎が湾曲している可能性大である。 次に横を向いてみるべきだ。
腰椎のそらしすぎや腰の曲がりを点検する。

例を挙げると、こんなひじきメニューはどうだろう?
ひじき料理の定番と云えば、煮物だろうか。
骨粗しょう症対策メニューとして更にグレードアップさせるには、干しえびと干ししいたけをプラスする。
干しえびには勿論、カルシウムが優秀にたくさん含有されている。

ほうれん草や青梗菜等の青菜には、カルシウムが豊富に含有されている。
また、酢にはカルシウムの吸収を助ける機能が有る・・・・・・そこで! 青菜のおひたしに三杯酢をかけ、香ばしく炒ったゴマをたっぷりかけてはどうだろう? ちょっとだけの副菜であるが、カルシウムたっぷり、しかも消化吸収もよく、骨粗しょう症対策メニューとして優秀である。



13 : 30 : 30 | 日記 | page top↑

デノスマブ 骨粗しょう症

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が消耗し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなる症状である。
高齢者や、殊更に閉経後の女性におおくみられる病気である。
原因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考慮される。

高齢者で、急に腰痛や背部痛を起こしたケースの場合、実は骨折していたと云う事が珍しくないのである。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むと云った症状が現れる。
亀背(きはい)と云って背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)と云う背中が丸くなる症状がみられる事も有る。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

他方、過剰症も有る。
例を挙げると、カルシウムを過剰に取ると、結石の原因になったり、他の無機質の吸収を阻害する事が有る。
またミルクアルカリ症候群の原因にもなる。



07 : 08 : 42 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 芸能人

骨粗しょう症の予防と対策に於いては、運動が重要なかぎとなる。
カルシウムの摂取を初めとする食生活の改善は勿論であるが、食品から取ったカルシウムが骨に累積する為には運動が不可欠である。
適度な運動は、骨の新陳代謝を活発にする。
また、筋力を強化する事は腰痛予防に成るし、転倒や骨折を予防する事にもなる。

但しリンは不足する事はまず多くはない、かえって取りすぎると、カルシウムの吸収を悪くする。
近年、インスタント食品をとりすぎる風潮が、殊更に若い人達にみられるようになり、とりすぎのほうが懸念されている。

人間の皮膚は、日光や紫外線に当たるとビタミンDをつくる機能があるのであるが、曇りがちであったり、冬に雪の少なくない地方では、日光に当たる事が多くはない為、ビタミンDが不足するのである。
ビタミンDは、脂肪に溶ける為、ビタミンAと一緒に魚の肝臓、肝油、バター、卵黄等におおく含有される。
またきのこ類や酵母には、ビタミンDの前身のエルゴステリンが含有されており、紫外線にあてるとビタミンDに変わる。

成長期には多少なりともピークを高くする為にカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたら、そのうちはせっかく高めたピーク時の骨量を減少させないように、また出きる事なら更に高めるくらいの気持ちで骨粗しょう症対策に取り組むべきだ。



08 : 18 : 40 | 日記 | page top↑

骨粗しょう症 薬 半年

骨粗しょう症を予防、改善する為には、毎日の食事のなかでカルシウムをおおく取る必要が有る。
カルシウムをおおく包括する食品の中でも殊更に、吸収率がよく、取りやすい牛乳や乳製品を中心にして考慮すると取りやすいものである。
牛乳も、呑み込むだけでなく、多種多様な料理に使い、ワンパターンにならないよう、多種多様な食品を組み合わせて無理なくカルシウムを取るように試行錯誤すべきだろう。

豆腐の主成分は植物性蛋白(たんぱく)質である。
植物性の蛋白(たんぱく)質は、肉や魚と云った動物性蛋白(たんぱく)質と比較して消化吸収が悪いのであるが、豆腐のケースの場合は、消化吸収が途方もなくよく、95パーセントと云う高さで無駄なく吸収される。
また、豆腐の喜ばしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!と云う事だろう。
豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・・・・なんでもよく合うし、大豆の蛋白(たんぱく)質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良い蛋白(たんぱく)質を取る事が出きる。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

そして、かかとから着地するようにする。
足の甲とすねの角度が直角に成ると理想的である。
そしてつま先でけりだすようにすべきだろう。
健康造りのウォーキングは、何時もよりちょっと大またで! 初めは急がずゆっくりと・・・・・・少しずつピッチをあげて、楽しく、リズミカルに歩こう!



06 : 45 : 37 | 日記 | page top↑

続発性 骨粗しょう症

チーズは、牛乳の優れた栄養素が濃縮された発酵食品である。
乳酸菌や酵素に拠って牛乳の蛋白(たんぱく)質やカルシウムが消化のよい形に為ってる。

チーズに含有される乳酸菌は、腸内で有害な物質をつくり出す悪玉菌を減らし、腸の働きをただしくキープする働きが有る。
またチーズでは、牛乳のラクターゼが乳酸菌に拠って一部分解されている事から、牛乳が不得意な方や、牛乳を呑み込むとどうもお腹がゴロゴロして・・・・・・と云う方でも、落ち着いて召し上がっていただける。

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含有されている。
これはコップ1杯の牛乳に含有されるカルシウムに匹敵する量である。
乳製品のカルシウムは他の食品中のカルシウムと比較して吸収が優秀に良い為、骨粗しょう症には欠かせない食品であるが、必要なカルシウムを全部乳製品からとるのはたいへのである。
多種多様な食品からとっていく事で他の栄養素の釣り合いもとれる。

骨粗しょう症の患者(クランケ)が骨折を起こしやすい部位は、長管骨(ちょうかんこつ)の大たい骨頸部(足の付け根)や、とう骨遠位端(とうこつえんいたん)(手首)、上腕骨外科頸(じょうわんこつげかけい)(腕の付け根)等である。
なかでも大たい骨頸部の骨折は、長期の療養が必要となる事から、そのまま就寝したきりになる事が多々有る。
またこれが痴呆の症状を誘引したり、痴呆の進展を促進する事にもなる為、高齢者にとって途方もなく恐いものである。

例を挙げると、お豆腐とほうれん草のグラタンはどうだろう? 豆腐にチーズが入る事で、カルシウムは一段をアップする。
またほうれん草にもカルシウムは豊富である。
まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」である。
但しほうれん草に含有されるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きが有る為、下ゆでしてから活用するようにする。



17 : 50 : 05 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (104)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR