FC2ブログ

骨粗しょう症 薬 半年

骨粗しょう症を予防、改善する為には、毎日の食事のなかでカルシウムをおおく取る必要が有る。
カルシウムをおおく包括する食品の中でも殊更に、吸収率がよく、取りやすい牛乳や乳製品を中心にして考慮すると取りやすいものである。
牛乳も、呑み込むだけでなく、多種多様な料理に使い、ワンパターンにならないよう、多種多様な食品を組み合わせて無理なくカルシウムを取るように試行錯誤すべきだろう。

豆腐の主成分は植物性蛋白(たんぱく)質である。
植物性の蛋白(たんぱく)質は、肉や魚と云った動物性蛋白(たんぱく)質と比較して消化吸収が悪いのであるが、豆腐のケースの場合は、消化吸収が途方もなくよく、95パーセントと云う高さで無駄なく吸収される。
また、豆腐の喜ばしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!と云う事だろう。
豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・・・・なんでもよく合うし、大豆の蛋白(たんぱく)質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良い蛋白(たんぱく)質を取る事が出きる。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

そして、かかとから着地するようにする。
足の甲とすねの角度が直角に成ると理想的である。
そしてつま先でけりだすようにすべきだろう。
健康造りのウォーキングは、何時もよりちょっと大またで! 初めは急がずゆっくりと・・・・・・少しずつピッチをあげて、楽しく、リズミカルに歩こう!



スポンサーサイト



06 : 45 : 37 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (104)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR