FC2ブログ

骨粗しょう症 点滴

ゴマは、昔から健康食品として認識されている。
不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールの値を下げる事が把握できている。
また、ごまに独自の抗酸化物質で、ゴマリグナンの1つである、セサミノールは、効力をアップするとも云われる。
このセサミノールは、細胞の老化や、がん化の原因となるともされる過酸化脂質の生成を制御する事から、若さを保ち、美容と健康に適切な物質である。

体のゆがみの点検方法
まず初めは、鏡の前に自然な状態で立ち、自身の姿を映してみるべきだ。
両肩は平行であろうか? 鏡のなかの自身の姿がまっすぐで対称ならば安心である。
しかし左右の肩の高さがずれていたり、首が傾いているケースの場合、脊椎が湾曲している可能性大である。 次に横を向いてみるべきだ。
腰椎のそらしすぎや腰の曲がりを点検する。

*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・・・・骨の上下方向に圧力が入った時に生じる骨折である。
かかとをつよく打った時に、骨折を起こす事が有るが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折である。

女性ホルモン エストロゲン
閉経をむかえると、エストロゲンと云う女性ホルモンの分泌が激減する。
この女性ホルモンは途方もなく強力なホルモンで、骨をつくる細胞のはたらきを活発にし、腎臓での活性型ビタミンDの合成を促進する機能も有る。
高齢に成ると、ただでさえ、腎臓の働きが衰え、活性型ビタミンDの合成能力が衰える。
女性のケースの場合、ホルモンの関係でこれに更に拍車がかかって、いよいよ活性型ビタミンDが合成されなくなり、カルシウムの吸収が難しくなるのである。



スポンサーサイト



13 : 31 : 45 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (104)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR